ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2018.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 » 2018.03

2018.02.19 Mon » 今月あと10日を切りました!


今日は2月19日ですね2月は28日までなので・・・
2月終了まで10日を切ったと言うわけですね。・゜・(つД`)・゜・。

櫛田神社の節分大祭写真コンテストが「今月末必着」なので,
もうそろそろ応募する写真を決定して画像処理しないと…
と思って無限に広がる自分の撮ったぱっとしない写真の大海から
なんとか応募可能な写真を探そうと頑張っているのですが…ねえ。

20180219setubun0.jpg

これとか,舞いの中のすっと静止した瞬間を天井の明かりと共に
写すことで凛とした空気を表現できたかも~なんて思ったりしますが
右下にでっかくカメラ写ってますし「節分大祭」感ゼロですしね…。

20180219setubun1.jpg

これなどは鬼神楽終わって片づけが始まって
ゴザを固定するためのガムテープがはがされた時の
ぺりぺりぺりって心地よい音を画像に込めた写真ですが…

20180219setubun2.jpg

これとか,撒かれた豆があまりに欲しくて欲しくて
その心がこんなに豆を輝かせてみせている…
なんて哲学的な命題を逆光に託して表現した意欲作!ってことで応募!

20180203-0H5A5241.jpg

・・・・・・・・。

いやまあさすがに応募作をここにあげるわけにはいかないので
実際にはもう少しマシな写真があるのは確かなんですが
ほんと今回あげたレベルのものしかないので
その分迷う時間が増えるだけで結果にはコミットしてくれませんね・・・。

まあでも少なくとも応募だけは完遂するぞ!!!
と意欲を燃やして明日以降頑張ります。

20180219setubun5.jpg

2018.02.18 Sun » 博多の餅つきをみてきました


先日書いていた博多町家ふるさと館で行われた
「博多の餅つき」をみてきました。

まずは地元消防団の方々による纏ふりがあったのですが,
司会の人の説明によるとうろ覚えですが,
「奈良屋・大浜」と「御供所・冷泉」では振り方がちがうそうで,
前者が〇〇流(記憶できず),後者が江戸流だったかなと(記憶自信なし)。

20180218-0H5A6243.jpg

で,その後餅つきに移行するのですが,最初の1臼目は来賓による餅つきで
記憶では井上国会議員の奥様,県か市かの議員さん,博多小の校長先生でした。

20180218-0H5A6311.jpg

県か市の議員さんは,ノーベル文学賞のカズオイシグロに似ていると
紹介されていて,確かによく似ているなあと思ったのですが
そのせいでその記憶だけが残ってお名前は記憶できませんでした(笑)。

で,お次の2臼目は赤いお餅で確か博多高校の校長先生などだったかと。

20180218-0H5A6383.jpg

で,こんな感じで餅つき自体は元気で威勢良くすすむのですが,
つき終わった後に小分けして丸めるところに餅を移動させる段階は
熱くて粘性あって下に伸びる餅を落としたらアウトの緊張感で
まるでオリンピックのスケートリンクで4回転を飛ぶような
緊迫した光景でございました(?)

20180218-0H5A6425.jpg

で,そのご3臼目になって,司会の人が「今度は舞台俳優が!」
というので,櫛田神社の節分大祭の時のように有名人が来ているのかなあ?
と思って登場したお兄さんを見ると確かにイケメンさんですが
存じ上げてないなあ~と思っていると俳優というのは冗談で
この写真の上に最近新しくなったふるさと館の看板が写ってますが
この看板を作られた方のようなので,「看板俳優」なわけだわなと。

20180218-0H5A6467.jpg

で,このあたりで13:00を過ぎたので退散することになりましたが,
お餅を丸めているところに貼ってあった作業工程の紙を拝見した限りでは
「つきあげ餅」を作ったりはしないようでした。
んでもお餅を櫛田神社と東長寺に奉納するみたいですので,
また時間に余裕があるときにそうした行事もみてみたいなあと。

20180218-0H5A6450.jpg

2018.02.17 Sat » 博多の餅つきが明日あります


昨年の年末,「餅つき」について調べていて
そこで「博多の餅つき」というしきたりがあることを書いていました。

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/blog-entry-2456.html
http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/blog-entry-2458.html

最近物忘れの激しい私ですので,年末に書いたことの記憶は
完全に消え去って忘れていたのですが,
正月に身についてしまった贅肉は全然消えないので。・゜・(つД`)・゜・。
鏡餅状になった腹をぶにっと握ってふと思い出す。

20180112kagamimochi.jpg

博多町家ふるさと館の「博多の餅つき」が明日(2/18)ですよ!

さっそく公式HPで内容を確認すると,

日時:平成30年2月18日(日) 12:00~(約2時間)
場所:「博多町家」ふるさと館
博多消防団4分団(御供所・奈良屋・大浜・冷泉)によるまとい振りも必見!

とありました。

20150222mochitsuki1.jpg

毎年かなり見学客が多いので,お餅の競争激しそうだなあと思って
これまで最初の方を拝見して退席していたのですが,
「つきあげ餅」という存在を知ってしまった今年は,
出来れば最後までみて以下の工程があるかを確認したいなあと。

「家庭では餅つきの最後の臼を塩味の小豆にまぶして大きくちぎり
「つき上げ餅」とします。これで餅つき終了と言うことですが,
この餅のうまさは格別のものでした」


本日,出勤時に博多駅に停まっている白いかもめをみると山笠の文字が。
では他の車両には文字以外の何かあるのかなあ?などと思って
探したのですがそういったものはありませんでした。

20180217yamakasa.jpg

んでも見てみたいですね全車両外装に山笠ラッピングされた特急。
8両編成で櫛田入りする8つの山が描かれていたりしたらおもしろそう。
ジャニーズの方々のラッピングはよくみかけますが,
あの手のラッピングの費用ってどの程度かかるのかなあと。

2018.02.16 Fri » 綺麗の裏側

20180216flower0.jpg

20180216flower2.jpg

20180216flower1.jpg

20180216flower3.jpg

何とも可憐な花の写真の連続に
「あり?いつもの貧乏文章がない?ブログ間違えた?」
と思われた方もいるかもしれませんが間違ってません。
ここはしみったれたネタが豊富なひねもすのらりくらりでございます。

んでも今回花束のおすそわけをいただけたので,
その見事な様に写真ぱしゃぱしゃとったのであげてみました。
やはり花とかはマクロレンズで撮らないと上手く写りませんが,
素材がいいので写真の下手さがあまり気にならないのではと。

で,話を変えて本日の出勤時の話。
ちょうど櫛田神社の神職の方々が境内の清掃を終えられたころだったので,
熊手の細かい線が幾重にも走る地面がきれいだな~なんて思っていると
子どもがきれいな地面にずりずり足跡つけて遊んでいました。

20180216root.jpg

「せっかくお掃除されたばっかりの地面を・・・」
なんて思いも少し出てきたりしないではないですが,
でもこれはまだだれも踏みしめていない新雪を見て
喜び勇んで駆け巡りたくなるのと同じ心性だと思うし,
そうして足跡つけたくなるほどきれいな地面にまで
丁寧に熊手で掻けた証なのかもしれないな~などと。

そういう意味では,このブログをもっともっとしみったれたもので
埋め尽くすことで足下わからないくらい暗いことにすることで,
いてもたってもいられなくなってお札に火を灯してしまい
「どうだ明るくなつたろう」とか言ってくれる篤志家が現れたりは…

って社会の教科書によくでていた成金の風刺画のネタを書いて
「おそらく著作権消えているだろうから元絵を貼ろう」
と思って検索してみると,wikipedia情報によると
風刺画の作者は和田邦坊という方で,
風刺画が描かれたのは大正時代だけど亡くなられたのは1992年なので,
まだ全然著作権は保護されているんだなあと。
まあ,そういう意味では大正はまだ遠くなくもない,てな感じかもなあと。

2018.02.15 Thu » 秋千番?


本日も櫛田神社に寄って出勤しようとすると
本殿の中で何か神事が行われていました。

2月15日はお釈迦様が入滅された日だそうで
それで涅槃会という行事が行われることが
博多カレンダーにも取り上げられていましたがここは神社・・・
で,はたと「月の一日,十五日に月次祭をする」という知識が浮かんできて,
巫女さんたちが舞いを奉納される準備もされていたので
拝見したかったのですが今日は時間がなくて断念無念でした。

で,「拝見できたら今日のブログに書けたのにな~」などと思いつつ
夫婦恵比須神社に方に行くと…目に入ったのは昨日書いた野牡丹ではなくこちら。

20180215ginan1.jpg

これってぎなんの実ですよね・・・。

このあたり秋に一杯実が落ちているのを見た記憶がありますが,
それ以降こうしてぎなんの実が落ちているのを見た記憶がなく,
秋を越えて冬にずっとついていた実もあったのだなあとびっくり。

で,驚きながらぎなんの木を見上げて写したのがこの写真。

20180215ginan2.jpg

確かに左上などにぎなんの実がついてるのが確認できるかと。

20180215ginan3.jpg

もしかしたら春が来てぎなんの木も新陳代謝が再び盛んになり
新芽みたいなものが出だしたことで残っていた実が落ちたのかなあ等と。

まあでも毎日境内を掃かれている神職の人に聞いたら
「毎日落ちてまんがなあんたが気づかなかっただけで」
って言われておしまいなんでしょうが。

まあでもほんと昨日の野牡丹といい,この夫婦恵比須神社周辺は
海面にみえる色の異なる潮目のように過去と未来がせめぎ合って
現在というラインをしめすような不思議な時間感覚がある場所だなあと。

とまあ,秋という過去のことばかり書いたので未来方向も書いて
中和しようということで手水舎横の白梅の写真。雨に濡れてきれいでした。

20180215ginan4.jpg

雨が降っても寒さに負けずにカメラ取り出せるくらいの
気温に戻ってきましたね~春はもうすぐそこまで。

20180215ume2.jpg
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif