FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2019.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2019.05

2013.09.27 Fri » らーめん逍遙亭(塩屋ゆうじろう)で塩ラーメン

住所:札幌市中央区南1西5 プレジデント松井ビル100 B1 (MAP)
営業:11:00~15:00 17:00~22:00 定休:第2、第4日曜、祝日

北海道出張二日目のお昼はまた元上司とご一緒することに。
札幌の市電(路面電車)沿いの道を歩いてお店を探します。
sapporoshiden.jpg

いつもはたいがい落ち着いた和食の店をチョイスする上司ですが
北海道だからかめずらしく上司が探すのもラーメン屋になって、
「ラーメン食べる機会が1食分増えてラッキー」と思いつつ入店です。

一人でラーメン屋に入る時はお店の写真を撮って、
だいたいのメニュー構成など確認して入店するのですが、
今回は上司と一緒だったので店名もろくに確認せずに入店です。

調理場を入れても6畳なさそうな狭い店内は、
調理場を囲むようにL字型というか差し金状にカウンターがあるのみで、
6,7人が座れたらやっとという感じのお店でした。

お店の奥のカウンターの短くなっている特等席ゾーンには
常連さんぽいお客さんが平日昼間から本格的にお酒飲んでいるし、
お店を一人でされている店主は少し強面系だったので、
居酒屋さんメインでラーメンはおまけ程度のお店かなあ…
と少しあきらめた気分とびびった気分で席に着きます。

記憶では基本のラーメン(塩や醤油)が700円だけど、
お昼は素ラーメン+玉子かけご飯のセットが600円とお得。
お店の名前を確認せず入ったので醤油とか味噌を選びそうでしたが、
店主が「うちは最初の人は塩を勧めてます」と言ってくれたので
元上司は塩ラーメン、私は塩の素ラーメンと玉子かけご飯のセットを注文です。

店が狭くて調理場がすぐ前なので調理の様子がみられていいなあ…
とぼんやり調理場を眺めていると、まずはバットの上にチャーシュー出して
その場で丁寧にバーナーで炙っているのが分かりました。
その作業の仕方がなんだか丁寧で格好良くて、ラーメンはおまけかなあ…
とか思った自分を反省しているとラーメンの登場です。

syouyouteiramen.jpg
まず飛び込んできた印象は「あ、なんだか落ち着いた綺麗さだなあ」というもの。
ネギと貝割れの緑とクコの実の赤がぽつりぽつりと配置されることで、
黄金色のスープの透明感が引き立つ感じでいいなあ…と思いつつまずは一口。

味の最初の感想は「あ、塩だな」てな感じで塩が前面に出てくる感じ。

てな感じでいかにもこともなげに書いていますが、
塩が前面に出てくるのってなかなか難しいような気がします。

塩をお湯に溶かしただけではおいしくないのは当たり前だからと
出汁が強めになって逆に塩が背景になってしまうことがあると思いますが
こちらは塩がまず先頭になってその後出汁の旨みがついてくる感じかなあと。

鶏がらやら魚介やらの、なんらかの出汁が主役はるような感じはなくて、
どれもがそれぞれ変に自分の色出さず透明さを保つがゆえに、
あっさりと塩が生きつつ物足りなくは無いようになっている気がしました。

で、あわさる麺は博多ラーメン程度の太さで縮れ強めで、
形状自体はほんと袋のインスタント麺系だけど加水率はそこそこあって、
ぷるんとしたコシや噛み切り耐性などはない分、
しっこりシンプルな噛み具合であっさりな塩にあうなあと感心してました。

で、普通の塩ラーメンには目の前で炙られたチャーシューが載るけど、
私の素ラーメンと玉子かけごはんのセットではチャーシュー無し。・゚・(つД`)・゚・。
なのでうらめしそうに元上司が食べるチャーシューを眺めてから
はしたないと反省して自分の玉子かけご飯に視線を戻すと…。

syouyouteitamagokakegohan.jpg
ちょこっとだけどチャーシューものっけてくれていました。
チャーシューは結構繊維は残っているけれども、斜めに繊維が走っているので、
噛むと層ごとにずるっとずれる感じで解けるので、
不愉快な堅さはなくけれどもうれしい咀嚼感はある感じで好きだなと。
もう一つは脂分もあったからか炙られ度合いも高くなったみたいで、
じゅるりと解ける油に乗って香ばしさが広がってこれもよいものでした。

で、そうしたチャーシューに玉子かけてラーメンタレが足されているので
結構洋風かつ濃厚な玉子かけご飯になっていてこれはおいしくてお得だなあと。

で、その後戻って来てお店の名前が「逍遙亭」だと知って、
あの狭い店内に逍遙亭とつけるのは坪内逍遙からかなあ…などと思ったり、
元の店名は釧路を源流とする「塩屋ゆうじろう」だから、
そりゃ塩を食べたのが正解だよなあ…といろいろとわかって、
偶然入ったお店があたりだったことが確認出来てなんだかうれしかったです。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/975-ca573d52

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif