ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

2013.07.12 Fri » 行徳家がうま~でした

住所:福岡市南区野間4-4-35 (MAP) 
営業:11:30~15:00 17:30~23:00 定休日:月曜日

現在、城南区のお仕事の曜日は木曜日。
行徳家さんで曜日代わりのサービスを受けて、
「行徳家が今日得や~」と言ってみるのが密かな夢なのですが。
木曜日はキッズデー…。
kidsday.jpg

「精神年齢は小学生レベルだから僕にもでざ~とくださ~い!」
とか言ってみたい衝動に駆られつつも、落とした照明の落ち着いた店内に入り、
どっかと重く頼りがいのある椅子に腰掛けて麺の種類の掲示見上げた折に、
ピッチャーの中に伸びやかに葉を伸ばしてゆらり揺れる緑をみると、
ここではそんなお馬鹿なことは言うまいと自制できるもんだなあと。

で、目の前に貼られたメニューをみつめて何を頼むのか大思案。
醤油ラーメン550円は以前食べたので(過去のブログ)それ以外…。
そりゃ誰もが「韮一文字そば食べんかい!」と思われたでしょうが、
人と合う仕事の前に韮はやはりきつい…とあれやこれや悩んでしまい
注文とるのをかなりまたせてしまったのを反省して選んだのは塩650円!
それを太麺で固さは普通でお願いしました。

で、でてきたのがこちら。
gyoutokuyashio.jpg

いやはやもう何でこんなにきれいなんでしょうね。
暗いところで撮った写真なので周辺ぼけてしまってますが、
肉眼で見ると暗い中に凜として立っている感じがして素敵です。

上からの温かい直接光による陰影で立体感が増すのもあるでしょうが、
正直別に具材自体にさして特殊なものがあるわけでもなく、
配置とかも何かすごい必然性ががあるわでもなさそうなのに
なぜかすごく雰囲気というか物語性みたいなものがある感じかなあと。

で、その美しさに感動しつつまずはスープを一口。
塩というと「すんごく透き通ったスープ」のイメージありますが、
こちらはほわんとすこしおぼろげさのある半透明のスープかなと。

いつもは大概食べながら「こんな感じの感想書こうかなあ…」
など思いつつ食べるのですが、「おいしい」という感想は満杯なのですが
思いつく語彙を浮かべてみてもそれを超えるおいしさがそこにあるので
無理に言葉にしても「いやそれじゃない」としかならなかったので無理でした。

なんというか「おいしい」というまとまりでしか表現できず、
なんらかの要素に分解して言葉にするのが難しいなあと。
無理矢理絵で例えると、普通のスープが輪郭のはっきりした塗り絵だとしたら、
こちらのスープは絵の上手な人の描いた輪郭無しのデッサンのようで、
塗り絵なら輪郭をもとにその要素の分解が容易なのに対して、
こちらのスープはいろんな味が輪郭で分けられることなく
融合して総体をしめしているから言葉に出来ないのかなあと。
まあ、私の舌が鈍感なので何が出汁かもわからなかっただけではありますが。

で、お次は麺ですが、太麺なので噛み応えに勝るごりごり麺か、
ぴちぴち飛び跳ねるようなコシの強い麺なのかと思ったのですが、
固さを普通で頼んだからかもしれませんが結構ふんわりつるん系だったかなあと。
ぽつぽつっと細かい茶色の粒が混ざるために透明感が増しているからかもしれませんが、
噛む方の食感よりもるるるるっとのどに流れる時の食感を意識した麺なのかなあと。
でもこうした印象は以前醤油を食べた時は感じなかったので、
麺の特徴というよりかは塩ラーメンの特徴からくる印象なのかもしれません。

そしてさらにトッピングがいろんな食感をアクセント的にくれる感じで、
まあるいことでにゅるんとした感じが高まりつつもコリクリっと
気持ちよく噛めるキクラゲに、しっかり味のハードな噛み応えと
とぅるるんとろける脂の舌触りを楽しめるチャーシューもおいしく、
しゃっきりさっぱり舌に元気さを復活させてくれるキャベツもやしなどがあって
ほんとじっくりいろいろ楽しめる内容で満足満足でした。

醤油、塩と来たから次は何かな~♪今度こそ限定麺だよね~♪
まあでも惜しむらくは全粒粉の麺が終了していたことなので、
復活するのであれば次は絶対全粒粉を食べるぞ~~!と
食べたばっかりなのに次にわくわくしながらお店をあとにしました。

ちなみに、お店の前の駐車場は2台のみで入れにくいのもあるので、
松田脳神経外科さんの看板を目印に最初から第二駐車場に入れるのが便利かと。
parkingkanban.jpg

物忘れ診療…おいしい物の記憶忘れないためにも一回試してみようかなあと。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/953-e2581614

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif