ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

2013.07.06 Sat » 味噌以外の赤(名古屋名物一度は食べて~(中編))

注:ここからえんえんと福岡の人に名古屋名物を紹介する
文章が続きますので、名古屋などの人でお店情報をお求めの人は
************まで飛ばしてお読みください。

みなさまこれまで食べたことのある「名古屋めし」ってなにがあるでしょう?

麺類で言うとスガキヤ、味噌煮込みうどん、きしめん、台湾ラーメン、
その他食べ物だとみそカツ、天むす、手羽先、ひつまぶし、
お菓子だとういろう、ゆかりなどのえびせんべいなどになるのかなあと。

で、上に挙げられていないもので、「あれが足りないんじゃない??」と
思ってもらえるほどメジャーではないけれど、名前を出されると
「ああ、確かに名物らしいですね」となりそうなものに
「あんかけスパ」があるのではと思います。

基本的にどこか日本のよその地域に出かけて名物食べようって時に、
パスタが第一に思いつく地域って日本にはなかなか無いような気がします。
(イタリア料理の知識が皆無な私だけの感覚だったらごめんなさい。)

そう考えると名古屋の「あんかけスパ」の全国的知名度はすごいと思いますが、
それでも名古屋についてまず「あんかけスパ食おう!」ってなる人は少なくて、
他の名物を食べている内にあんかけスパにまでは気が回らずに、
帰路につく前に地下街歩いてみかけて「あんかけスパってのもあったね~」
と思い出しはするものの食べたことがない人がほとんどではないかなあと。

でもオリジナリティに関して言えば他の名古屋めしに較べても高めの気がして、
酸味の多いトマトで作った水分多めのミートソースから肉の固形を抜いたような
なんとも???だけどはまりもする味は是非ともご体験いただきたいなあと。

ま、正直トマトジュースにステーキソースと酢を混ぜて片栗で固めたら
似たような味になりそうなんですがなんか違う深さがある気がするし、
ではデミソースのような濃厚さがあるかと言えばそれとは違う
「とろんとしたコクがあるのに絶妙なみずっぽさ感」的なものがあって、
「この透明感高いソースのどこにこのスパイシーさとコクが隠れてんだ!」的な
面白いと思う要素は事欠かない食べ物のような気がします。

で、そのあんかけスパですが、他の名古屋名物に関しては
福岡でも食べられるお店がある気がするのですが、
あんかけスパに関しては福岡に無いような気がします…って、
パスタの外食なんて年に2,3回くらいしかないであろう人間なので
ただ気づいていないだけかもしれませんが。

ということもあってこのたびの名古屋出張ではあんかけスパを食べよう、
しかも貧乏性な私なので、有名な「ヨコイ」「チャオ」もいいけど、
もっと低価格なお店をみつけたいと思って探していたのですよ。

で、大須の商店街をうろうろしていると目に入ったのがこちらのお店。

***********************************
hashoederossomise.jpg

ハッシュ・デ・ロッソ(Hashoe de Rosso)
住所:名古屋市中区大須3-35-24 (MAP) 
営業:11:30~20:00 定休:不定休

hashoederossokanban.jpg
あんかけスパが380円よりというのは安いですよね~と。
基本、380円はうどん屋さんでいうとかけに該当して、
ごぼう天追加するようにウィンナや唐揚げやらトッピングしたり、
オムライスなどを追加していってそこそこのお値段になるのも確かですが、
そうであっても全般的にお値段は安価方面に設定されていたので入ってみることに。

で、すでに訪問から1ヶ月以上経っていてメモもないので
感想はうろ覚え過ぎるのですが、写真をみてすぐ分かる量の十分さ。
hashoederossoankake.jpg
コーンと卵という基本的なトッピングがついているし、麺の量も十分なので
トッピングを載せたら結構なボリュームになってしまう気がします。

あと、ちゃんとスプーンフォークに紙ナプキンされていて、
これで高級感に喜ぶほどの素直さはさすがにもうありませんが
お店専用の箸袋に箸を入れる作業見る時に感じる「お気遣い感」
みたいなものを感じられていいもんだよなあと。

hashoederossoankakeup.jpg
麺に関して言えばあんかけスパには太麺を使うお店が多い気がしますが
こちらのお店の麺は結構細めになっています。
細くみずみずしい麺だとソースが流れてしまいがちですが、ラードで揚げ炒め的に
することで表面が固まってソースが絡みやすくなっている気がしました。

ソース(あん)はスパイシーさ、酸味、コクの順で印象が立ち上がってくる感じで、
スパイシーさと酸味が長く続くタイプのものに思いました。

ま、でもほんと380円でこの内容というのはほんとうれしい限りで、
デフレラーメンと替え玉と同じ値段くらいになりますが、
「安くでおいしく食べられた」という面での評価はほぼ互角かなあと。

まあでも今は旅先となった名古屋を情報なしに歩いて、こうして
「安価なあんかけ」をみつけられた幸運に感謝してお店をあとにしました。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/950-402301b1

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif