ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

2013.06.17 Mon » 桂龍に行ってきました

門司でお仕事。

意外とお好きな人が多いのじゃないかと思う風景として、
荒野的な風景が広がるその先に現代的なビル群が立ち並ぶのを
「ここじゃない遠く」として眺める、というのがあるのではと。

同じ陽に照らされていても、方やくろぐろと陽に焼けて
シミや皺の目立つ老人のように工場群がうずくまる向こうには、
方や陽光がきらきら踊る海面の先に小倉の都会のビルが
陽光に照らされて白く伸びやかに若々しく天に向かって立っている…

国道199号線を通っていてふとそんな光景に出会って
なんだかいいなあ…と思いつつ信号で停まると
なんだかいいなあ…と思えるラーメン屋さんがあったので車を停めてみました。

keiryumise.jpg
住所:北九州市小倉北区上富野3-13-8  (MAP) 駐車場:店の前に少し
営業:11:00~22:00(途中準備中の時間あり) 定休:火曜
ま、でも初めてのお店なのでまずは外からメニューをうかがいます。

keiryumenu.jpg
(写真の一部を無理矢理拡大したので画像悪くてすみません)

「ラーメン400円」と「チャンポン500円」は結構安いので安心して入店。
今じっくり写真でメニューをみなおしてみると、
ドライチャンポンとかフライメンとか興味を引くメニューも多々ありますが、
その時の私はチャンポンモードだったので普通のちゃんぽんを注文です。

調理場に面したカウンターと、窓に面したカウンターのみの狭い店内は
イニシエ系というか「イニシエから系」とでもいえる時の流れ感じるもので、
調理場と窓は3m程も離れておらず窓から十分に陽光が入って来ているのに
どこかあちこちに陽のあたらぬ暗い場所もある対比が楽しめる感じです。

お店をされているのは、かつての威勢の良さを感じさせる大将と、
西原理恵子の漫画に出てきそうな曲がらぬ強さを持った感じの女性の2人。

少しおぼつかない手つきでで先客のドンブリを大将が下げる奥で、
見えはしないけれども音として伝わってくる強い火力で
カカカカカカンと小気味良く野菜を炒める声が聞こえて来ます。

今は奥様らしき女性の方が調理を担当されているみたいだけれども、
10年、いや20年昔のお二人の役割分担はどんな感じだったのだろう…
などと妄想を膨らませつつ眺めると、それこそ西原理恵子の漫画のように
目には強くはっきりと青いアイシャドーがひかれているのがみえて、
女性は男性に守られるために赤い紅を口にひくのであれば
女性は男性を守るために青い影を目にひくののかなあ…
などとわけのわからないことを想像しているとちゃんぽん登場です。

keiryucyanpon.jpg
写真ではわかりませんがドンブリの形状は上げ底っぽくて、
「ありゃりゃお値段安い分量が少ないのかな?」と思ったのですが、
いやいやなんのそので量的には十分あって満足できました。
おそらく、ラーメンと同じスープを使用していると思うので、
大きなドンブリだとスープを多用してもったいないのを避けるための形状なのかなあと。

具の種類はメモしてないまま約2週間経ったので覚えてませんが、
キャベツもやし豚肉かまぼこなど人参などのノーマルな具材が
強火で焦げ目つくまでしっかり炒められていた気がしました。

おそらくはラーメンと共用の濃い目のスープを使っているようで、
ちゃんぽんに良くある「主役は野菜でスープは背景」的な感じではないなと。

スープの脂からの甘みと野菜からの甘みのW甘みで甘みの相乗効果ありつつ、
あくまで野菜は野菜でしゃっきり、ラーメンスープのコクはコクとして独立している感じで
ラーメン+野菜炒め的に両者が別個の存在として立ち上がってくる感じかなあと。

で、そんな感じのそれぞれ個性あるスープと野菜の2大巨頭の中で、
麺自体はやわらかめで太さや表面や噛んだ時の感触は素直な感じなので、
麺が両者をつなぐということはなく両者の背景となって
その分両者を目立たせる役割を果たしていたような気がします。

まあでもそう言う意味では、最初に風景に見た対比や、
その後店内に見た光の対比と似たような対比が
ちゃんぽんの中にも再現されているのかなあ…など思いつついただきました。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/944-d632acab

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif