ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

2013.04.12 Fri » 「河」で流れるカレーを堪能しました

住所:福岡市早良区田村2-12-3 (MAP) 
営業:11:30~22:00  定休日:木曜(?詳しくは下に)

久しぶりにお仕事で城南区方面へ。
福岡歯科大周辺をぐるぐるまわってお店を探します。

「河」でカレー山盛りを初挑戦してみようかなあ…
でも定休日木曜だよなあ…と通り過ぎようと思ったら営業中。

あり?今食べログで調べても定休日は木曜ってなっているけど…
まあ、大学の新入学にあわせて臨時開店したのかな…と思って、
こういうイレギュラーな巡り合わせは結構好きなので入ってみることに。
kawamise.jpg

「河」っていう和風の名前だとか、元は九大六本松の近くでの営業、
なんて情報があったので、店内は和風イニシエ系かなあ?と思っていたのですが、
白を基調とした店内に木のテーブルを配した軽喫茶風(?)だったかなと。

カレーは普通450g、大盛り700g、山盛り1Kgのどれでも600円…
まあ、1Kgくらいなら大丈夫だろうと思って山盛りをオーダーです。

で、出てきたのがこちら。
kawacurrey.jpg

注文後席を外している間に出食されていたので聞けなかったのですが、
最初みた時の印象は「山盛りと大盛り間違ったか?」というもの。
なんかもっとどかっと出てくるイメージあったので。
kawacurreyandcup.jpg
(写真は対比のためお冷やのグラスとあわせた物)

まあでも、今から仕事だし、残したら罰金あるしでこの程度でよかった…
との安堵の気持ちも混ざりつつも最初の一口をいただきます。

まず印象に残ったのが米の食感。
食べている時はタイ米とかのインディカ米なのかなあ…と思っていたのですが、
写真に写っていたお米に関する説明を確認するっと
カリフォルニア米のカルローズというものらしいです。

日本のお米(短粒種)-カリフォルニア米(中粒種)-インディカ米(長粒種)

てな関係性らしく、確かに食感も中間的だったかなあと。
kome.jpg

歯ごたえはインディカ米ぽいさらさらシャキシャキした感じで、
「さすが銀舎利だけあってシャリシャリしてる」なんてジャポニカ種じゃ
思いつかないオヤジギャグがすぐ出てくるようなシャリ食感。

ルーに関しては具材が全部溶けこんでスープになっているタイプで、
私の貧乏舌では「コクもあってうまいけど印象の主役は酸味かな?」
くらいしかわからず、材料の内訳などはまったくわかりませんでした。

ある意味、一口食べてすぐに強い印象ががつんと来るタイプではないですが、
その分食べ続けても飽きたりせずにじんわり好印象が続くタイプだったかと。
あと、スープカレーのような水っぽさもなく、ラード多用のぽたぽた感もなく、
ぺたつくけどべとつかない感じのちょうど良いゆるさだった気がします。

で、こうした味の特徴を「デカ盛りを食べる」という視点でみなおしてみると

1.ジャポニカ種のもちもち食感は咀嚼が増えて満腹感を誘発
   →なのでしゃっきり食感のカリフォルニア米の方が適す

2.奥深いおいしさが減衰せずに継続するので飽きずに食べ続けられる

3.ぽったり脂いっぱいのルーだとくどくてデカ盛り制覇には不向き、
  また、水っぽくても水を吸って米が重くなるのでデカ盛り制覇には不向きだが、
  どちらでもないちょうど良いあんばいのゆるさなのでサクサク食べられる

てな感じで、全ての道がローマに続くようにこのお店のカレーの要素は
すべてが「サクサク食べ進められる」につながる感じだったので、
春の小川がさらさら行くように春の河のカレーも
さらさら飲み物のように口を流れていきます。

kawacurreyowari.jpg
そんなこんなで10分ちょいで完食しておりました。
(今写真みたら2粒ほどごはん残ってて大後悔…)

ま、1000gのめしを炊く前のお米に換算してみると、2.2倍が係数らしいので、
1000÷2.20(倍)÷150(1合の米の重量)=3.03…
となって、基本的には3合のお米を一挙に食べる程度なので、
デカ盛り的視点ではそれほど難題ではないわけだなあと。

まあでも、これを「キワモノ的デカ盛り」で1000円!!
とかじゃなくて、他の量と同じ600円で出してくれるのが
大学生を相手にされてこられたお店の心意気って感じでいいなあと。

所変わって、歯科大や医療短大などの栄養面に意識の高い学生相手だと
なかなか大盛り文化の維持は大変でしょうが、長く頑張って欲しいお店だなあと。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/912-96877b1b

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif