FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2019.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2019.08

2007.09.28 Fri » さだまさし「Mist」を聴いて

最初は,「今回は赤い月だけかな気に入った曲は?」と思っておりました。
しかし,アドレスは失念してしまいましたが,どなたかのブログで
「さだまさしの曲はスルメのように何回も聞いていくうちに
どんどん良さが分かって来る」と書かれてあったのが事実だなあと。
見つけました(純喫茶さくらばさん
タイトルのMistにかけたもっと詩的な表現されてますね。

「赤い月」の次にいいなと思い始めたのが,「眉山」,「かささぎ」ですかね。
やはりオーケストラをバックにした壮大なナンバーはいいです。

そして,だいぶ曲を覚えてきて,ふとした折に口ずさめるようになると,
「51」とか「窓」,「霧-Mist-」などがよくなってくるかと。
確かに,「ことづぅう~~て~を~~せよぉ~!」などと一人うなりながら
お皿洗ってたりするのはちと怖い…。

大音量で聴きたい『赤い月』と,ゆったり控えめな音量で聴きたい「窓」…
沈吟(ピアニッシモ)の世界ですねこれは。

まあでも,中秋の名月の頃に春の赤い月の歌を聴くのも不思議な気分。
別れたばかりの激しい惜別の思いを照らした赤い月と同じ月が,
半年くらいたって落ち着いた分より深くなった思慕の念を,
今度は高く遠く蒼く,どこかさびしさを感じさせるけど,
その分どんな距離や時間なども超えられる感じで照らしてくれるのかなあ…などと。

こんな解釈をしてしまうのは私がちょうどこの春に一人で転勤したからでしょう。
「全然そんなことは歌ってないぞ!」と言われそうですがお許しください。

関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
さだまさしは昔よく聴きました。
最近は聴いていませんが、それぞれの曲に思い出があります。
ブログ開設後初めてコメントいただきました。
コメントいただけるのがこんなにうれしいことだとは。

私も,1993年発売の『逢ひみての』以来,ずいぶんと離れていました。
それ以前に購入したアルバムはずっと聴きつづけていたのですが,
新しいアルバムは「どこか変わってしまった?」と思い,購入してませんでした。
しかし,前作の『美しき日本の面影』を聞いて,
新しいアルバムも良いものだと再確認して今にいたっております。
自分の身辺の変化から,
「古い良いものに昔を思い出し,再解釈しなおす」だけではなく,
やはり「保守的にならず新しいものを先入観なくもっと自然に取り入れよう」
と心境も変化したこともあるかもしれませんが。

とりあえず『美しき日本の面影』も『Mist』も確実におすすめです。
秋の夜長に一枚いかがでしょうか?
はじめまして!!
こんばんは~ はじめまして。
“純喫茶さくらば”のマスター(?) さくらでございます(笑)

何気に検索をしてまして、「どこかで覚えのあるフレーズだなぁ~」と思ってたら、それは私が書いた文章でした(苦笑)
いや~、何ともお恥ずかしい限りです。でもでも、お目に留めていただきまして、本当に光栄です。どうもありがとうございました★ すっかりうれしくなって、お邪魔させていただいてしまいました。

私が最初に買ったさださん(当方のブログでは最近、遠慮なく“まっさん”と呼んでますが・笑)のアルバムは、fuyunosemiさんとは反対で、『逢ひみての』が最初でした。もちろん、それからせっせとさかのぼりまして、今はちゃんとひととおりは揃っていますが…。

「スルメ」の経験は何度もありますよ!
最初の頃は何気に聴いていた楽曲をたとえばコンサートで改めて聴いてみたとします。翌日、朝起きてからはその曲が頭をぐるぐるぐるぐる…「こんなにいい歌だったなんて!!!」って(笑) アルバム『季節の栖』の“遠い海”の時が、特にソレが顕著に現われましたっけ(笑) きっと今回の『mist』でも、これからだんだんそういう楽曲の楽しみ方が出来るものと思います!!

すっかり調子に乗ってしまって長々と申し訳ございません。こんな私ですが、また当方にも遊びにいらして下さいませ♪ この度は本当にありがとございました!

コメントありがとうございます。

『逢ひみての』で正反対の道を歩いた者同士が,
こうしてコメントし合えるというのも不思議な縁だなと。
はじめてから1ヶ月経たないのでまだ分からないことだらけですが,
ブログの持つ力に驚いているところです。

さくらさんのブログを拝見させていただきました。
非常に幅広いご関心を,しかしばらばらという印象はなくまとめてあって,
さまざまな方向に飛んでいった花びらの中心に,
一本の桜の木が佇む風景に似た印象がありました。
今後も楽しみにさせていただきます。

私も,『美しき日本の面影』から『逢ひみての』まで
せっせとさかのぼってみたいと思います。
(だいたい)10本足(曲)のスルメが12枚…まずはあごを鍛えねば。
こんばんは、さくらです。
早速ご来訪下さったそうで…どうもありがとうございました★ 決して胸を張れるようなモノでもないんですが、まさかそんなお褒めの言葉をいただけようとは恐れ多い限りです(冷汗)

ホントに、私も昨夜の「何気ない検索」をしなければこちらにたどり着くことはなかったでしょうし、本当に「ご縁」を感じます。『逢ひみての』…百人一首の歌にあるんですよね。これからも、どうぞよろしくお願いいたします♪
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/9-08e79140

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif