ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

2013.03.25 Mon » えびラーメン(味噌や博多龍龍軒とんぶう駅前店)

住所:福岡市博多区博多駅前1-2-2 博多西ビル1F  (MAP)
営業:11:00~25:00 定休:日曜

大博通りって道路が広すぎるが故に車で通り過ぎることがメインで、
ぶらぶら気分で歩くことは意外とない通りかもしれないなあと思います。
御供所のお寺さんを巡るとしたら裏道沿いに歩くだろうし、
博多区役所やキャナルに行くなら駅前通り通るだろうしで、
大博通り、特に東(?)側って駅どまん前の割に閑散としていること多いなあと。

ryuryukentonbuu.jpg
で、そんなビジネス街イメージが強い通りのビルの1階に、
どこかぽつねんとした感じでラーメン屋があったので、
通り過ぎるたび気になってはいたけど、龍龍軒だと知って
「近くの本店で食べたことあるし」と思ってしまって
通り過ぎることが多かったお店でしたが…。

ebiramenkanban.jpg
「えびラーメン?」
でも高いんじゃないかと思った目に飛び込んできた380円の文字。
これは…デフレラーメニストの私の守備範囲のお店だなあ…
阿倍野ミックス焼きとかいうお好み焼きみたいなやつで
デフレが終わるとか言われているから今のうちに享受しとかな…
おおおよくみりゃ3月いっぱいの期間限定やし…と思って入店です。

店内は記憶では5席くらいのカウンターにテーブル席が3つくらいの
小さいお店ですが、きっと賃料が高いところでこうして工夫して
お店してくれている姿勢はうれしいので狭いのも気になりません。

龍龍軒のどのお店でも共通のお得な「ラーメン+半炒飯590円」が
えびラーメンで出来ないかと思ったのですがそういうのは無い模様だったので、
えびラーメン単品380円を選んで券売機で購入してしばらく待つことに。

で、出てきたのがこちら。

ebiramen.jpg
もうまずびっくりしたのが見るからに分かるスープの濃度。
脂のこってりももちろんなのですが味の「濃さ」がすごいなと。
私の場合、えびのスープというとトムヤムクンがぱっとイメージされて、
その他はお雑煮とかのイメージしかないので、
勝手に「透明スープにエビの香りエビだしたっぷりスープ」を
イメージしていたのですが、こちらは全然違うドこってり系スープ。

で、ここで私の貧乏馬鹿舌の本領大発揮なんですが、
他のブロガーさんたちのレビューでは「エビの匂いはっきり」
などと書かれているのが多いのですが私はエビの匂い気づけませんでした。

ま、よく考えたらエビなんて半額寿司のネタで食べるくらいなので、
エビの香りがどんなもんなのか自体知らないから気づけなかったのでしょうが、
まあでもエビに気づけないくらいスープが濃厚で、
「何かの味が濃厚」というより「濃厚」が前面かつ全面に出てくる感じかなあと。
感覚的には「カルピス原液で飲んでる」感じのあふれんばかりの濃厚さなので、
濃厚好きの濃厚民族の方々には380円で濃厚味わえていいのではないかなあと。

でも、わたしがこれだけ濃厚に感じたのは、
別に豚骨や鶏ガラなどからくる物理的な濃厚さ以外にも、
えびから来ている「にがうまい」味が合わさって
濃厚さ感がすごく高まったからこそかもしれませんので、
えびラーメンだからこそ出る濃厚さかもしれないなあと。

(まあ、夕方近くのかなり遅い時間に食べたので、時間による
煮詰まりのブレの影響を受けて濃厚だった可能性もありますが。)

で、普通なら次は麺にいくところですが、スープが濃厚なので、
口を休めるためにももやしとキャベツを先に食べました。
野菜は味ついてないですが、それがこのスープには合う気がします。
チャーシューは味は濃いめですが、小さいサイコロ型で
ハムっぽい弾力、脂のとろり、赤身のしっかりの部分が入り混じるので、
スープにあまりつけずに野菜と一緒に食べるといいアクセントになるかなあと。

で、野菜とチャーシューを楽しんだあとに本丸の麺に行きます。
麺が結構面白い食感で、これはちょっと大げさな例えになりますが、
戸畑ちゃんぽんの蒸し麺のような食感があるように思えました。
蒸し麺ほどぼそぼそしてないけど、ぼっそりとでも表現できそうな、
ぼそっとした粉感だけどごわごわまでいかずに
麺としてのスムーズさ自体はある感じで、
濃いスープを持ち上げる効果もありつつも、
咀嚼回数を増やすことで口をスープまみれにしない働きもある感じで、
天下一品をこの麺で食べてみたいなあとふと思わせるような
濃いスープとあわせる選択肢の1つになり得る麺かもなあとも。
こうした個性ある麺だから替え玉の設定もなく、麺の固さ指定も無かったのかなと。

今、「えびラーメン」に似た言葉としてふと「エピゴーネン」って言葉が
浮かんだものの意味がわからなかったので調べてみると
「優れているとされる 先人のスタイル等をそのまま流用・模倣して、
オリジナル性に欠けた作品を制作する者を指す。(wikipedia)」とのこと。

そういう視点でこのえびラーメンをみてみると、
380円でこれだけ濃厚なスープ+結構いっぱいの具材も楽しめて、
麺も面白いなどのコストパフォーマンス以外の良さもいっぱいあって、
よくあるエピゴーネンラーメンじゃない面白さがあっていいなあと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/895-5bb0e988

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif