ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

2013.01.15 Tue » 第Xの元祖に行ってきました。

住所:太宰府市青葉台3-27-5 (MAP)
営業:11時~23時 定休日:不定休

県道31号で大宰府方面へ。
お目当ては第5の元祖、もしかしたら5じゃすまないかもしれないけど
少なくとも「五号線」沿いにあるはずの元祖長浜ラーメン。

「ま、夜だけど通りかかったらみつかるだろう…。」
と思いながら車を走らせても見つかりません…
さすがに大宰府を超えたら通りすぎたはず…と思って
駐車場に停めてナビを設定してから戻って着いた先は、
さきほどど派手な看板に「もんでもらうのもええなあ」
と思いつつ通り過ぎた場所の奥にお店がありました。

route5gansokanban2.jpg
5号線沿いにちゃんと看板あるのですが、自発光式ではなくて
看板をライトで照らすタイプなので目立たず見落としがちです。
route5gansokanban.jpg

なので初めて行く人はこの「全身もみほぐし2980円」か
「焼き肉の殿堂天下のびっくり亭」を目印にした方がいいかと。

route5gansomise.jpg
で、店内に入ると最近の元祖同様に麺の固さを聞かれます。
白長靴などの店員さんのファッションやらメニューの表なども
同じ感じだなあ…とひとしきり「同じ」ところを探し終えると、
今度は違うところ探しをしてしまうのが性根の腐った私の性。

そもそもラーメンの値段が450円で50円アップだな…
お茶の巨大やかんはなくて普通の保冷容器に水があるんだな…
ていうかあの「あぶない」の絵がないなあ…
あれは元祖三貴子の屋・家1・家2にしか許されないのかなあ…
などというお馬鹿な想像をしているとラーメン登場で……す……?

route5gansoramen.jpg
どんぶりが黒くて全然違うじゃないですか~~~。

まあでもこの全く違う黒いどんぶりで出てきたおかげで、
それまで腐った性根で「違うところ探してやるぞヒヒヒ…」
と思っていた黒い気持ちがいつのまにか霧散してしまって
「うふふホワイトな心で似ているところを探してあげちゃう!」
てな気分になったので、この黒いドンブリ作戦はいいのではないかなあと。

route5gansotable.jpg
(こちらはテーブルの全体像の写真)

で、これまた違いの一つの、テーブルにあるレンゲでスープを飲んでみると…
「お、少なくとも元祖の再現を目指しているのはすごく伝わる!」てな感じかと。

福岡在住歴も元祖歴もたいしたことない私の感想なので、
話半分どころか話四分の一レベルでお読みくださるとうれしいのですが、
なんというか元祖の良さって、「明確なおいしさがない所」の気がするのですよ。
豚骨の生臭さを消してしまわない程度の浅く出されたうまみに
塩系のうま味と油のうまみがしゃびしゃびっと添えられただけの、
星7つでオリオン座と言っちゃうような「間を開けた感」ゆえに、
人それぞれがそれぞれの勇ましいオリオンを思い浮かべられるように、
自分だけのおいしさをその中から見いだせるような感じかなあと。

「これって、おいしさがまったくないというのか?」といわれそうですが、
そうではなくてオリオン座のようになんかがある感はちゃんとある感じが、
元祖のおいしさであって、それはどの人が思い浮かべたおいしさとも
外れてないからこそこうしていろんな人に愛されているのかなあなどとも。

んだから私のような貧乏舌の人にはそれがうれしいのですが、
ラーメン屋などを開かんとする舌の肥えた人の場合、
「おらがうまさ」をそれに付け加えてしまいがちになってしまって、
「元祖らしさ」を失ってしまうような気がします。
白い紙ぱっとみせられて「ここをじっと見ていればお前の好きなタイプみえてくる」
といわれたら、何もみえてくなくても何かみえた気がしてうふふと思えるのに、
「これがお前の好きなタイプだろ!」と具体的な芸能人とかの写真みせられると
そのタイプでないところを探してしまって駄目になってしまうのに似ているかなと。

んでもここのお店の場合、ちとうま味成分を強めにしたくらいで
元祖の心地よいぽっかり感というか、塩とんこつをとおりこした
「湯とんこつ」とでもいえそうな感じの再現がちゃんと目指されているなあと。
スープ一口飲んで少し物足りないんで、肉をしゃぶしゃぶして
塩分高めるのを再現出来るなんてすごいなあと感服しておりました。

麺に関しては太さ自体が全然違う感じで、長浜系よりかは博多系かなと。
なのでぼっさりした粉感は薄れてもちっとした弾力感が強まった気がして、
「元祖のスープを他の麺で食ったらどうなるのか?」を楽しむ感じかと。
あと面白かったのが、替玉して丼に入れてもらったとき、持ってきた鍋に
麺がくっついて離れずじまいでそのまま下げられたのですが、
これは元祖では体験したことないので、麺の素性はかなり違うのかなと。

あと、類似点が気になるものとして接客の仕方もありますが、
それに関しては変に再現を目指されても「出身地を題材にした映画で
その地出身じゃない人が方言を話しているのをみる」ようなものになりそうだし、
完全に再現されてしまった場合は大宰府という町にはあいそうにない感じなので、
今の感じでの再現具合くらいが一番いい感じなのではないかなあなどと。

まあでも、「もし元祖が全国チェーン化するならどんな感じで???」
なんて奇想天外な妄想をする足がかりにするにはもってこいのお店なので、
ドライブがてらそうした思考実験を楽しみたい際によられるといいのかなあと。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/876-f1b6a5ad

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif