FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2019.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2019.05

2012.08.24 Fri » 鹿児島うどんを食べてみました

両親が私にとっての実家を売って、父親にとっての実家に戻って
住み始めたので、現在の私の帰省先は鹿児島になります。

で、そこでの日々の買い物のメインはA-COOP。
田舎住まいがばれないように横文字でオサレを
装ってみましたが、ご存じの通り農協のコープですわな。
とは言えどもHPで店舗検索すると福岡県の福岡市には存在せず、
一番福岡市に近いのが久山店(糟屋郡久山町久原2618)なので、
『A-COOP?何それ?』という都会人もいるかもしれませんが。

閑話休題…

と話を戻すために打ちながら、ぱっと
「閑話休題、あかんわ九大」というオヤジギャグを思いついて
「誰かにすでに使われているかなあ…」と検索してみると、
誰かに使われているレベルどころか、5万件ものダジャレを集めた
「ダジャレナビ」に登録までされているではないですか!

http://www.dajarenavi.net/

よく見ると2004年からあるのですねこのサイト…。
どうしていままで気づかなかったのか…
オヤジギャグをつい言いがちの人で上記サイトをご存じで
なかった人がいましたら、是非ともみていただけると、
自身を振り返るいい機会になるかもしれません…。

本当の閑話休題。

で、エーコープで帰省中のご飯の買い物をしていると、
冷凍食品コーナーに気になるポスターが貼られています。

鹿児島うどんとな…先日の宮崎うどんにつづいて、
鹿児島のうどんの特徴もしらないなあ…どんなんだろう…

つけあげ(薩摩揚げ)とかのっかってるのかなあ…
あおさ(ヒトエグサ)とかといっしょだとうまそうだ…
冷やかけにキビナゴの天ぷらのっけてしょうがそえて…
あああうまそうだ~夏にあうよなあ…
いやいやそんなんじゃなくて桜島の灰を練り込んだうどん???

などと自分なりに鹿児島うどんの具やらをを想像して
鹿児島うどんとは何かをあれこれ思案してみてみると、
そこにあるのは普通の冷凍うどん。

kagoshimaudonpackage.jpg
「これのどこが鹿児島うどんなんだろう?」
といぶかしげにパッケージをよく見てみると

九州産小麦のチクゴイズミを使用ってあるけど、
筑後だと福岡であって鹿児島じゃないよなあ…
あ、でも甘藷デンプン使用か…しかも鹿児島産。
これは名前と西郷どんの絵だけに頼っただけでない、
結構ちゃんと鹿児島らしさをもった商品だと感心して購入です。
kagoshimaudonpackageura.jpg

で、適当にゆがいて適当に水にさらして適当にめんつゆぶっかけて喰ってみると
ぱっとした感想としては「サツマイモの甘みを感じる…かも?」というもの。

けれど馬鈴薯デンプンでつくったあんかけとか食べても
全然ジャガイモ感を感じたことはないので、
こうしてサツマイモの甘みを感じているのも気のせいだろうなあ…
と頭では分かっているつもりですが、やはり貧乏舌だし、
先入観に影響されやすい人間なので甘さを感じつつ食べ進みました。

kagoshimaudon.jpg
食感の感想を試してみると、タピオカのデンプンをつかった
有名なうどんのぷりんぷりん跳ねるようなコシはないけれども、
十分な噛み応えと噛みしめた時の粉感もありつつも、
噛む力を増せばさっと潔くかみ切れる感じでいいもんだと。

なので口の中での躍動を楽しむタピオカ系に比べると、
固から溶けていくまでの小麦感の変化を楽しむのが出来るのが
甘藷デンプンの特徴かもしれないなあと思いました。

このあたり、ものを知らない私にとってですが詳しく勉強になるHPが、
独立行政法人 農畜産業振興機構のページにありましたので、
甘藷以外にもデンプンを足したうどんに興味のあるかたは是非。

http://www.alic.go.jp/starch/japan/basic/200807-01.html

タピオカデンプンに関して言えば、有名になりすぎて
ある意味「混ぜ物」的なイメージもついてしまい、
もちもち感を得るための邪道的な扱いを受けがちのイメージありますが、
甘藷デンプンを鹿児島で使うと「地産地消」的なイメージになって
よいイメージになると思いますので、この組み合わせを活かして、
鹿児島うどんがメジャーになって行ってくれたらいいのになあなどと。

てか、上に挙げたキビナゴの天ぷらうどん食べてみたくなってきた…。
自宅で天ぷらをしない人間なので福岡のどっかのお店で
キビナゴの天ぷらあるうどんやさんないかな~などとも。

関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
かごんまうどん
鹿児島が実家なんですね。
いいとこですよね、鹿児島!
何年か前にライブで鹿児島に旅したときに、私はよく旅先で道に迷うんですが
バスやタクシーの運転手に聞く人みんな親切に、すごおーくなまった鹿児島弁で教えてくれて
異国の地で一人心細く困ってるときにとても癒され助かりました。
鹿児島の方言好きなんですよね。
いまは無き三越の人も、三越なのに!?じゃないけど普通に訛っていて
面白かったなあ。(駅への戻り方を聞きました)
それから鹿児島大好きになって、また来たい!と思ったんですが
鹿児島がライブツアーに組まれず、再訪はまだであります。
スーパーの冷凍うどんも鹿児島仕様になってて、お土産にもできそうですね☆

先日のトンカツのソースは、まさかの最初からかけてあったんですか!
びっくりですね~普通かけずに出しますから
よく苦情がきませんね。しかもあの量。。。
く~ねるさんがかけたんじゃなかったんですね。
失礼しました!とんだ濡れ衣でしたo(_ _)o
コメントありがとうございます
テレビドラマなどで聴く鹿児島弁は幕末の武士のイメージで
なんだか荒く怖いイメージもありますが、
実際に鹿児島で耳にする言葉は南国の陽気のように
どこかぽかぽかのんびり出来る気がして自分も好きですね。
どうにか自分も話せるようになりたいなあと思うのですが、
両親と話す時はどちらも関西弁で話すのでなかなか上達出来ておりません。

歴史の知識は全般的に弱く、かつ幕末の知識はほとんどないのですが、
知識なくてもいい感じの史跡が鹿児島にはいっぱいありますので、
全面開通した新幹線などで是非採訪してみてくださいね。

ソースに関しては、確かにトンカツならかけ過ぎになりますが、
お好み焼きとかたこ焼きとかならあのくらいのソースを
かけて食べてしまいがちかもしれないなあとふと思いました。
お好み焼きの塩分とかもどんなものなんだろうと。

まあでもトンカツという時点で脂のとりすぎ注意報が発令されそうですので、
出来ればソースで衣を濡らしてしまわぬようにして食べるようにしたいなあと。
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/824-3c14f909

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif