FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2019.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2019.09

2012.06.23 Sat » 黒田屋再発見

住所:私が食べたのは干隈店ですがその他のお店は黒田屋HPにて 
営業:いわずと知れた25時間

みなさんの「黒田屋」さんの印象ってどんなものでしょうか?
私の場合、宣伝文句の「25時間営業!」の印象が強すぎて、
「深夜か早朝に強い分、ランチタイムには弱いのかな?」などと思ってしまい、
ランチタイム時にお店に入ったことがありませんでした。

で、先日通りかかったとき「ランチはどんなものなんだろう?」と思い、
駐車場が広くてぱっと試しに寄ってみやすかったので入ってみることに。
krodayamise.jpg

入ってすぐのところにショーケースがあったので、
貧乏人のたしなみ(?)というか義務というか宿命でお値段チェック。

ううう…んんん…レギュラーの定食の平均価格が7~800円かあ…
そんな高いお店のイメージなかったんだけど…
ちょっと私には無理なお店かなあ…と思ってふとみると、
ショーケースの中にラーメンの姿があってお値段350円!
デフレラーメニストの私にうれしい価格じゃありませんか!

知らない人ばっかりのちょっとレベル高めの交流会などで、
ふと同窓の知り合いを見つけた時のような
心底ほっとした気持ちでお店に入りました。

店内はまあなんというか「黒田屋」といった感じで、
ファミレスが一般化する前によくみられたドライブイン形式かなあと。
でもちょっと不思議な光景に思えたのが、
お座敷やテーブル席にはお客さんがあまりおらず、
ほとんどがカウンターに座る一人客で、年齢層も高めということ。
おそらくは私同様ランチタイムのファミレスの活気ある喧騒には
ちょっと疲れてしまいそうな人たちが静かに愉しんでいる感じかなと。

カウンターのほかのお客さんたちはほぼ定食を頼んでいて、
メインのおかずも2種あってつけあせ系も豊富で
コーヒーもついているおいしそうで食べ応えのあるものでしたが、
やはり800円近くは私にはきついので初志貫徹でラーメン大盛り注文です。

ま、定食メインのお店だし、本社の工場があるのも知っているしで、
おそらく業務用スープでささっと作った平均的なものが出てくるだろう…
となめてかかっていた私を3発ぐらい殴るかのような破壊力のあるブツが!!!
krodayaramen.jpg

これ、写真だと伝わらないと思いますし、れんげがちゃんぽん用の
巨大れんげだからその対比で更に伝わりにくいですが、かなり大きな丼です。
コップとの比較で大きさわかるかと思ったのですがやはり
れんげが大きいからこっちの写真でも伝わらないですね…。
krodayaramen2.jpg

まあでも丼だけでかいラーメンというのはしょっちゅうなので、
ノーマル350円、大盛りでも450円のラーメンでそう量は多くないだろう…
と思って麺を食べ進めますがいやはやかなりの量です。
大盛り系が好きな人にはぜひとも体験してもらいたい量だなあと。
麺自体は素直にすらっと伸びやかな感じで、ごく普通の細麺で
加水もそれほどないしっかりとした歯ごたえの長浜系かなあと。

で、もひとつすごいなと思ったのが、これも写真では伝わりにくいですが
表面をカバーしている油の量がすごい!ということ。
食べた事がないのに例えるのもなんですが、
おそらく北海道のすみれ並なのではないかというすごい量。
油厚厚で温度アツアツ!てな感じでなかなかさめないし、
オイルがぬらりとろりと麺にまとわられて口に入るので、
「あああ俺麺食べてる~~~~~!」てな感じがずっと続くので、
それが麺の量の多さをさらに強調して痛感させてくれるのかなあと。

そうした極端な印象の側面ばかり強調して書きましたが、
スープ自体は結構じっくり煮込まれていろんな成分が
ぽったり粘性を感じるまでしっかり出てきている気がしました。
まあ正直油のインパクトが強くてなかなかスープそのものの
味は前面に出てこないのですが、結構素性はいい感じだなあと。

で、量に味に値段に満足して家に戻って黒田屋さんのHP調べてびっくり。

(再掲)黒田屋さんHPへのリンク

スープは工場での一括生産ではなくて、各店で作られているのですね。
確かに油が前面に出すぎている気がしたけど、スープ本体も
結構しっかりしている気がしたもんなあ…と納得するとともに、
工場で作られてないことをもっとメニューとかに書いてくれたほうが
よいのかなあなどと思ったりもしました。
このあたり、変に「工場あります!」とか宣伝するのではなくて、
各店でランチの内容も変わるし各店で手作りしている点を
前面に出したほうが他のファミレス系との差別化できそうかもなあ…とも。

で、もうひとつびっくりしたのが、他のお客さんが頼んでいた
豪華に見えたランチがおそらく600円であること。
自分が食べたわけではないので写真などありませんが、
記憶ではさばの味噌煮にマーボ豆腐か卵とじかのメインが2品に
ご飯味噌汁漬物類のつけあわせにコーヒーとついての
あの定食が600円だと結構勝負できる値段と内容の気がするのですが、
そういうお得感の宣伝があまりなされていない気がするなあと。

まあでも、こうしてお得であることがそう伝わっていないからこそ、
ファミレスとは違ってお昼時でもキャーキャーギャハハの
ヒステリックな喧騒にさらされることなくゆったり静かな時間を楽しめるわけで、
そういう意味では、「+100円のゆとりと落ち着き」的な良さを
楽しむお店になってきているのかもなあなどと。

なんだかいろいろ楽しめそうな要素がいっぱいある気がしたので、
早朝昼夕夜深夜といろんな時間ごとに変化するであろう
お店のお客さんのそれぞれのなす色合いをまた眺めてみたいなあとも。

関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/807-ceb0182d

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

09search.gif