FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2019.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2019.08

2012.05.15 Tue » 時代に消えないスイイツたち

子どものころ、たいして好きじゃなかった
お菓子ってありませんでしたか?

私の親は食品添加物や化学調味料などを使用した食べ物に
当時そう抵抗はなかったみたいで、スナック菓子を食べるのは全然OK。
なので子ども的好みのまま自分で選んでお菓子買って食べていたので、
味のしっかりついたスナック、チョコ、アイスばっか食べて慣れてしまい
祖父母から送られてくる地元の昔ながらのお菓子はあんまり喜ばなかった記憶が。

幼少期の趣向で祖父母からの荷物にあった鹿児島のお菓子を分類してみると

子どもの時も好き:かるかん・ボンタン飴・兵六餅
子どもの時はそこそこ好き:あくまき・黒棒などの黒糖系おかし
こどもの時は…:春駒・ザボン漬け・いこ餅など

子ども心に、「この手の昔ながらのお菓子は、親が子どもだった
今よりほんと何もなかった時代にありがたがって食べていたから
おいしく感じたんだろうなあ、飽食の時代と呼ばれるNEWAGEの
僕のYOUNGな口には合わないな」と思っておりました。
こうした時代的に古いものは新しい物にとって代わられて消えていくのだろうと。

で、今回親から送られてきたので久しぶりにたべたのがこちら。

ijuuinmanju.jpg
伊集院まんじゅうと

ikomochiomote.jpg
いこ餅。

原材料名もほんとシンプル。
ikomochiura.jpg

食べてみるとほんとどちらもシンプルな味。
けれどもなんていうのですかね、具体的な場所の風景が写った
写真をみせられるとその具体的な風景に意識とらわれてしまいがちだけど、
空だけの写真、水面だけの写真、ある時間の色だけの写真、
さらにある意味枠があるだけの写真などみせられたら、
どんな場所の空だって海だって土だって自由に想起して旅心地楽しめるように、
さまざまな想起を楽しみたいと思えるベースの甘味と食感を与えてくれて
あとは自由にさせてくれるがゆえのおいしさみたいなものがここにはあるのかなあと。

で、そういうのはなかなか具体的な物がないと思いが巡りにくい
こどもにはわからなかったから食べにくかったのかなあと。
だから年取った今ではこうしたお菓子もほんとありがたくおいしいなあと。

ま、べつに今でもポテチやケーキや油菓子も大好きなんですが、
それらとはまた全然違った視点で昔ながらのお菓子がうれしくなってきたなと。

そんな視点でこうした「昔ながらのお菓子」を考え直してみると、
時代という縦のラインでとらえられる時代遅れのものなんかではなく、
さまざまなお菓子のひろがる平面で「シンプル役」として
今も昔も代わらず一つの領域を維持し続けるお菓子なんだろうなあと。

だからきっと変に「古き良きものが残ればいいのに!保存せねば!」なんて
上から目線でしゃちほこばったりしなくても、きっと残っていくんだろうなあと。

年をとるのは残念なことですが、こうした変化などは楽しみたいもんだなあと。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/792-86b1ff00

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif