FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2019.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2019.05

2012.02.19 Sun » 一心亭の心に感動

住所:福岡市中央区長浜1-4-22 1F (MAP)
営業:10時~翌3:30(日祝夜は翌2:30まで)

長浜方面にラーメンを食べに行った際はいつも
「このお店にも一度寄ってみたいなあ…」と思いつつも
お店前の駐車場が埋まっていて通り過ぎていた一心亭さん。
本日は私にも停めやすい感じに2台分も空いていたので迷わず入店です。
駐車場に停められたうれしさを表すために愛車プログレ君を大きくいれたお店の写真です。
最新のレクサス君のとなりだとボログレじゃんとか言われそうですが気にせずupです。
isshinteimise.jpg

一心亭という名前でしか覚えてなかったのですが、
正式名称は長浜屋台一心亭本店というそうで、
確かに店内は屋台風の調度が屋台村風に配置されていて、
夜は飲みのお客さんが多いのだろうなあ…
私も焼酎と酢モツあたり食べてみたいなあ…と思える雰囲気でした。

しかし車なので注文したのはラーメン単品450円。
で、元祖の自動オーダーほどではないけどかなりのスピードで出てきたのがこちら。

isshinteiramen120219.jpg

おおお450円の安価なラーメンなのに下皿付きなのですね。
下皿つきなんて福岡ではしばらく以来しばらくぶりだなあ…などと
鳴かずば打たれぬはずのオヤジギャグを鳴きつつ最初の一口です。

基本的には昔ながらのしみじみ豚骨系に思えるのですが、
脂肪も筋肉も抜け落ちたじいさんの体のような黄昏れきった感じではなく、
ちゃんと油のぼわぼたっとした感じもありつつも
メタボおっさん的なぎとぎとぬらぬらとかはまったくなくていい感じです。
そして醤油やら味噌やら魚介やらと違う成分で複雑化させることで
筋肉ムキムキバルクアップ!的な過度な装食味もなく、
なんというか豚を豚として傷つけ分かれそれでも豚しか愛せない大事に扱っている感じで
スープの後味はあくまで食塩やそれ以外の塩分まとめた塩系であって
いい意味で豚のど真ん中の味だなあといった感想です。

チャーシューは赤身部分中心ではっきりした噛みごたえのもの。
噛むごとにじんわりじんわりけれども何回も脂じゃない肉のうまみ本体がしみ出てくる
かすかだけど確かなうまみがうれしいタイプで好きだなと。

麺は加水率が少なめなのかちゃんとした歯ごたえと噛み応えがあって、
無意味なつっぱった反発はない分しっかりと容易に離れていきもしない感じで、
噛み噛み咀嚼するのが好きな自分にとってはうれしい食感でした。
そしてなによりうれしいのが替え玉80円。
450円に替え玉80円だと530円になって500円に替え玉100円で600円と
比較するとお得感が更にアップする感じかなと。

まあでもそうしたラーメン自体のお味もともかくとして、
一番うれしい心遣いだなあと思ったのがこちら。
parking.jpg

那の津通りという大通りに面している地価の高そうな場所に
お店の前駐車場を用意しているだけでもうれしいのに、
近隣コインパーキング分の料金も負担してくれる心遣い。

ラーメン食べに行く手段が車中心、貧乏なので駐車料金出すのに逡巡することおおいけど
路上駐車することは嫌なので駐車場完備のお店に入ってしまいがちの私にとっては
一番うれしい心遣いはこれだなあと思ってうれしくお店を後にしました。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/748-385a6c11

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif