FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2019.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2019.08

2007.12.07 Fri » ボーナスがでました

ボーナスがでました。雇い続けてくれる会社に感謝でございます。
しばらくは,ホクホク気分で,いつもは目にも入らない
YAHOO!のトップページのリンクの中の「ショッピング」枠に目が行き,
「OMEGAの時計でも買っちゃうか~」などとみてしまいます。
しかし,こういうときに物欲をあっという間に治める秘訣があります。
それは「トヨタなどボーナスの高い会社のボーナス額をみる」です。
あっというまに「俺は稼いでないんだから身分不相応の贅沢は敵」ときちんと反省でき,
無茶なことをせずに済みます。
ちと自尊心がさがってしまう諸刃の剣ですが。

まあでも,同僚が話しているのを聞くと,
「今日はボーナスだから早く家に帰ってごちそうです。」というのが結構ありました。
給料が手渡しから銀行振り込みになってから,このような風景はなくなった,
と耳にすることも多かったですが,まだまだ結構こういう御家族も多いのではと。
また,「ボーナスでたから○×買う」という話も耳にします。

しかし,私には「ボーナスでたから~~」という思考があまり存在しません。
なぜだと考えふと思ったのが,「ボーナスという概念のない家庭に育った」でしょうか。
親も普通のサラリーマンだったので,ボーナスというものは出ていたはずですが,
「ボーナス出たからごちそうたべた。」,「ボーナスで旅行」などの,
「ボーナス出たから~~する」というイベントが全くなかったです。
親の給料日には,いつもは1本のビールが2本に増え,つまみも豪華になり,
「稼いだぞ」と上機嫌の親をみて,「給料日は親に感謝する日」という認識がありました。
しかしボーナスの頃にそういったイベントが全くなかったです。
ある意味,この世にボーナスというものがあるということもしらなかった気がします。
だからなんとなく,今でも「ボーナス=もらえてラッキーなありがたき授かり物」
という感覚が大きく,「自分の労働の上勝ち取ったもの」というイメージが出来ず
自信を持って使うことができない自分がいます。
月給は「自分が頑張った成果」と思えるのですが…。
年をとるにつれてどんどん父親と思考回路が似てくる自分から翻って考察するに,
おそらく,自分の親も同じような感覚だったからではないかと。

まあ,使わずに済むのであればそれに越したことはないとも思うので,
せっかく親から受け継いだ節約の感覚を今後も大事にしていけたらなと。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/74-f3897cbf

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif