FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2019.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2019.11

2011.12.29 Thu » 名島亭に行ってきました

住所:福岡県福岡市東区名島2-41-7
営業時間:11:00~(なくなり次第終了) 水曜定休

今年のラーメン♪ 今年のうちに♪ということで、
ブログアップ出来ていなかったものを挙げていきたいなと。
まずは、駐車場が出来て利用しやすくなった名島亭の感想です。

najimateimise.jpg
「店長が入院されてから味が変わった」という感想を
ブログや掲示板で見かけることが多かったこのお店。

私が最初に食べたのがおそらく2007年のころですが、
そのときの私の感想の文章(こちら)を読む限りでは、
当時よりあっさりさっぱり系に感じていたような気がします。
入院されたのがいつなのかわからないので、
味が変わったのかどうかもわからないのですが、
まあでも最近こちらのお店の特徴かなと思い始めたのが、
口の中での印象の変化の仕方の楽しさでしょうか。

najimateiramen.jpg
歌うことは好きですが楽器などはほとんど経験がなく、
特にほとんど弾いた経験さえない弦楽器で
例える愚を許していただけるなら、

ぎっとりこってり系のスープは、
ディストーションギター系とでも言うのか、
最初の振動が何度も増幅され反復され
口腔内でとまることなく響き渡る感じかなあと。

で、あっさりさっぱりオンリーなものだと、
ナイロンの弦をアルペジオで鳴らし続ける感じの、
はかなくも美しい純音(?)の連続の感じかなと思います。

だとすると名島亭さんのスープは、
よくわからないのですが金属のコイル巻いたような
ギター(ベース?)の低い音担当の弦をびょんとひと鳴らしするような、
いろんな成分混ざっているけどさっと減衰して
純音に収束するその紡錘の閉じる様がきれいな感じのスープかなあと。

だからあっさりさっぱりしているのですが、
一口ごとにびょん、また一口でびょん、てな感じに口が震えて、
飽きることなく食べ続けられるのがうれしいかなあと。

まあでもこちらのお店で一番うれしいのは店長さんのお人柄でしょうか。
かなり外れた時間に行っても常連というか「なじみ」のお客さんがいて、
長い時間で醸されたからなのかの、聞いている方がじんわり出来る
会話がなされているのが聞こえていていいなあといつも。

名島亭ならぬなじみ亭でしょうか、なんて書かずにいられないのは、
私がオヤジギャグしか思いつかなくなった年だからだよなあ…。

関連記事
スポンサーサイト



« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/715-b7c1a947

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

09search.gif