FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2019.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2019.05

2010.01.20 Wed » 天龍がやはりおいしかったです

住所:福岡県糟屋郡志免町南里1-3-31(MAP)
営業時間:11:00~20:00

新春初麺は久留米方面で迎えた今年。
いま住む福岡方面の最初の麺はどこにしよう…。
風にまかせ空漂う千鳥になった気分で,
車の流れ信号の移り変わり前行く車の曲がる先…
流され追われなどしてたどりついたのは…やはりというかの天龍。

tenryumise1001.jpg
最近私が訪れるときは,ご夫妻のお孫さん?と思えるほどの若い,
「お兄ちゃん」と書きたくなる若者が作ってくれることが多いです。
で,店の奥にはその様子を眺めている大将が。

「安心してまかし切れる…」といういい意味で弛緩できた目でもなく,
かといって「全然まかせられん!」という不安の目でもない,
なんというかこう,まだゴールには到達していないけど,
「きっとゴールに到達することはできるだろう」
ということを信じている感じでみつめておられる眼がいいなあと。

tenryuramen1001.jpg
そのようなこともあって,お味の方は変わったのかな…?
と思ってスープをまず飲んでみます。
私の個人的な感想では,天龍のスープは
「とにかく素材にある味は全部出し切ります。」といった感じで,
雑味が少しなりでも出てしまうことはおそれずに,
しゃぶりつくる感じでおいしい成分を出し切っているように思えます。

今回食べてみた感想では,なるべく雑味がまざらないよう意識され
うまみのみに整理された感じが強く,なんというか
「確かに“綺麗”だけどいい意味での粗野感がうすれた?」
といった感じでしょうか。

なんというかまだ寒く枯野広がる山里に咲く梅の花を愛でて
折って持ち帰り床の間の花瓶にそれだけで飾った時に
ちょっとと感じるようなそんな気分になったりしたりもしました。

まあでもこうした言い古された対比に無理やり当てはめてみましたが,
こんな陳腐な表現では表現できないなんというか
いろんな味のぎっちり詰まり具合は健在かなと。

これでこのブログに書かせていただくのはのは3回目ですが
以前の記事 その前の記事
変わらずでもまた新しい方向づけがなされていくのを
今後も追っていかせていただけたらなあと。

関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/491-e0ba4bc4

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif