FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2020.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2020.07

2020.03.21 Sat » 想像以上にハードだったこと


※今日もカメラの写真が使えないので過去のブログを利用して…
と思っていたら想像以上のハードな内容になってしまいましたが
結構自分としては面白い気づきがあったような気がしますので載せます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に電通とか出てきて・・・な気分になったりはしましたが,
きくちゆうき先生による『100日後に死ぬワニ』の流行は
なかなか面白い社会現象だったように思われます。
『電車男』の流行と似た感じかなあと。

私自身が予想していたラストは,100日目になっても更新がなく,
しかもこれまで見ることができていた過去の作品も消されていて
「これが“作品の死”ということか」ということを痛感させられる,
というもので,なんかいつもだいたい19時に更新される話が
なかなか更新されなかった時にはしてやってりの気分でしたが,
結局は更新されて,桜の散る景色のきれいないいラストだったのではと。

で,山笠ナビの中の人が,山笠に関連させて「15日後に終わる祭」
としてツイートしてみたら…と考えられていて,けどそれって
いつものことだよなあ…と結論づけられていたのですが,
「~まであと何日」というカウントダウンがつくことで
感じる意味が異なるのはどういう要因がからむのかなと。

私が記憶するもので一番古い同様の形式は『宇宙戦艦ヤマト』の
「地球滅亡まであと~日」ですが,こちらは滅亡するとは思えないから
「第何話!」みたいな物語の進行を示す指標でしかなかったなあと。

最初に登場人物が亡くなったり犯罪を犯すシーンなどを描写して
その後その人がなぜそうしたかを本筋としてい書いていくものも,
ぱっと思いつかないので具体例はだせませんが結構あったかもと。

ではこのワニ君の話が特に独自性があるのはどこかというと,
4コマの最後に毎回「あと何日」と記されることで,
4コマ漫画の裏の意味を毎回考えさせられるところにあったのかなあと。

で,ものは試しにと思って,ここ最近の私の喪失の物語である,
「節分大祭写真コンテスト落選」までにいたる,
このブログに書いていたさまざまなブログをわに君形式で抜粋してみることに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1月19日頑張るぞ!!
そういえば今年の節分大祭の写真コンテスト,
開催されるのかな~と思って社務所の前をうろうろしておりましたが,
Yokanaviさんで詳細が紹介されておりました!!!
頑張るぞ~~~!!!

(落選まであと54日)


2月1日あぶないあぶない
昨日,櫛田神社主催の節分写真コンテストの応募頑張る!
と言っていた割に今日京都にいてどうするのだ???と思われそうですが
おそらく明日の鬼神楽,1回目が始まる17時ころにはつけそうだなあと。
鬼神楽はコンテストによく入選する画材なのでぜひ撮りたいのですが
動くものを撮るの苦手だし,明日は日曜で観客が多そうなので,
正面以外から撮ってもなかなかいい写真にはならないのも確かなので
明日は潔く断念して京都観光をしたほうが良いのかもしれませんが(笑)。
(落選まであと42日)

20200201kyoto1.jpg

2月2日予想外だらけ
で,鬼神楽に間に合うように自宅に戻って郵便受けを見ると…
仕事関係の残念無念な返事が届いておりました。・゜・(つД`)・゜・。
まあ,マイナスではなくてプラスの期待がゼロになっただけで,
冷静に考えたら今でも仕事回ってないのに来年度からその仕事も増えたら
おそらくもっと仕事が回らなくなるだろうから仕方ないと思おうと。

で,落ち込んだ気分で鬼神楽をみにいくとやはり日曜日で人人人!
お賽銭箱の前の一番いい席どころか,用意されていた椅子に座れずに
座っている人の後ろに立ってようやく見えるようなありさまでした。
(落選まであと41日)

20200202onikagura1.jpg


2月25日新型コロナの影響
てな感じで新型コロナ対応で結構時間を取られてしまったので
今日も全然節分の写真コンテストの写真を選ぶ作業できませんでした。
なんかいい写真が偶然フォルダの中に出現しないかなあ。・゜・(つД`)・゜・。
(落選まであと17日)

20200225tubaki.jpg

2月27日春よ来い
で,もうほとんど残っていない二月末が締め切りの櫛田神社の
節分大祭写真コンテストの応募作品をなんとか完成させました。
金賞1名は五万円,銀賞2名は2万円,銅賞3名は1万円の賞金なので,
高級寿司で冷え切った懐に春を迎えるためにめざせ入賞!!!

とかいいますが本当に上位に入賞される常連さんの腕はすごいので,
なんとか入選20名にはいれるとよいな~~~。
(落選まであと15日)


3月15日残念無念
(落選当日!!!)

・・・・・・・・・・・・・・・・。

自分でやってみてある意味初めて気づきましたが
この落選とか失恋,不採用や失敗などを
この形式で振り返るとかなりきついことが判明しました。

ほとんど読んでないので不確かですが,ワニ君の場合
基本的にすべての生活は正しくまじめでやさしいものであったからこそ
日々の何気ない生活のかけがえのなさがきれいに結晶になることで,
人々の感動を生むことにつながったような気がします。

んでもいいことも悪いことも書かれることの多い
普通の人間の日記的なものを読んで,そこにワニ君の漫画のように
文末に(落選まであと〇〇日)とかつけてみて読み返すと,
かなりきっついことが判明したのでマネしないでくださいね。

やってみてわかったのは,すべての「前向きさ」「夢」「頑張り」が
「実際にはお前に前向きになる資格はなかったわけだが」
みたいな嘲笑の対象となる感じで,出てくる感情は「恥」になるのですが,
それが文末に(落選まであと〇〇日)とつけるだけで
ものすごく明確に浮き彫りにされて自覚せずを得なくなりますねこれ。

苦しんでいるときに笑顔をくれる人の大切さを知りました。
(失恋まで75日)

今日はお母さんが頑張れって言ってくれてうれしかった。
(受験不合格まで50日)

とかやると本当にやるせない気分になってダメなのが分かると思います。

なんでこんなにきついのかを考えてみると,
おそらく普通に日記を読み返すだけだと
いろいろな視点で書かれたいろんな方向に広がりうる
平面的な広がりのある海のようなものとしての人生があるけど,
文末に(落選まであと〇〇日)とつけることで,
その「落選」という視点での振り返りしかできなくなって
すべてが落選というゴールに向かってまっすぐ落ちていく
滝のような存在にしかならなくなるののかもしれないなあと。
で,その滝の痛さが一直線に自分に落ちてくる感じ。

てな感じで,このワニ君の話はいろんなエピゴーネンが出てくるでしょうが,
意外と嫌な作品を生むきっかけとなりやすそな気がしたので,
特に若い子はあまり真似しないほうがいいようなと思いました。
関連記事
スポンサーサイト



« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/3308-835e91d0

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

09search.gif