ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2018.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2018.07

2018.02.22 Thu » あなたの思考力に挑戦!!!


先日の2月18日に博多町家ふるさと館で開催された
「博多の餅つき」を見学したことを書きました。

20180222seiro.jpg

で,先日洲崎周辺に行った時に奈良屋公民館の張り紙をみつけて,
そこで2月4日に奈良屋自治協議会主催の餅つきがあることを知りました。

20180222naraya1.jpg

なので,「旧暦で餅つきをする文化が博多にはあるのかなあ?」
と疑問に思っていたのですがそれについては答えはでませんでした。

で,調べてみても答えが出なかったので,
「今は新暦の正月に餅の消費が固まるから,それを避けるために
旧暦で餅つきをする意義もあるのかもねえ」などという思いに至り,
ならば「1年で一番もち米が売れるのはいつか?」という疑問も出てきました。

上の問いに,私は「正月くらいしか餅は食べないので食べる量は
1月が一番多いだろうけど,準備するのは12月だろうから12月かな?」
と私は思ってましたが,同じ風に思われる人も多いのではと。
でも実は正解は違うのでみなさまの思考力を駆使しして正解を考えてみてください。

20180222mochi.jpg

んで,調べてみるとe-Statという政府による公的なデータが存在して,
それを見る限り一番販売量が多いのは10月なわけですね。
20180222table1.png

20180222fig1.png

ということは「消費のピーク」ではなく,「収穫のピーク」で,
餅米の販売のピークが決定するのだなあと。

んでもそういうことを考えると,秋に新米のご飯を喜ぶように
秋に新米の餅米でつくった餅を堪能する文化もあるのかなあと。

ちょっと今日は用事があってここまでとさせていただきますが,
餅の消費について考えてみるだけでも結構面白いものだなあと。

関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/2523-51a48c48

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif