ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

2017.07.03 Mon » 山笠の「車輪」


福岡以外の人に博多祇園山笠の話をすると,
「山笠って車輪のついた山車を曳き回すお祭りでしょ?」
と聞かれることがしばしばです。

で,私がどう答えたもんだかと言葉に詰まっていると,
さすが私の知り合いなので察する能力が高く
「あ,やっぱあんまり公然に出来ないヒミツって感じなの?」
と気づいてくれて疑問を流してくれるのでありがたいものです。

神事とはいえタイムレース的な色合いが強く,
博多祝いめで鯛のアルバム収録曲『背伸び』でも,
「他の流には負けたくはない」と歌われる祭りですので,
シャーシにあたる山台にサスペンションにあたる八の字がけ,
あたりまでは公開している流もありますが,
ことタイムに一番直結する車輪については門外不出の機密事項で,
山留めで棒についた男衆の顔ばかりテレビが映すのは
その下で車輪の最終調整しているのをみせないためだし,
櫛田入りが終わった後太鼓台周辺で一度山がとまるのは,
清道用車輪からアスファルト用車輪に交代しているから

・・・・・・・。

はい,軽くぼけるだけのつもりがながながと続いてしまって
収集つかなくなってしまったので打ち切りますが,
何でこんな事を書いたかというとこの写真。

20170703syarin.jpg

日曜日に博多部をぶらぶらしていて,
大黒流の山小屋がみえたので近づいてみると,
山ではなく太鼓台が山小屋の中に収まっていて
ある意味めずらしい情景だなあと思って撮影したのですが,
これって山笠を知らない人に「これが博多祇園山笠の山車で,
これに人形を飾りつけるのですよ」というと信じる人多そうだなあと。

20170703syarinup.jpg

ちなみに太鼓台の車輪をアップしてみてみましたが,
大人二人くらい登ることが多そうな太鼓台の足の車輪にしては
華奢な車輪のような気がするのですがどうなのかなと。

その後,恵比須流の鯛の人形でもみられないかな~などと思い
東の方角に歩みを進めたのですが恵比須流の山小屋は発見できず。

んでも西流も建設の緒に就いたばかりって感じだったので,
中洲流以外の舁山のお披露目はまだまだ先なのかもなあと。

20170703nishi.jpg

で,その後東流の山小屋に行って,先日宙に浮いていた鯛が
どこに飾られているのかを確認すると…センター最前列ではないですか。

20170703higashi.jpg

まあ,この場合中央に鎮座まします櫛田神社が一番良い場所なんでしょうが,
ぱっと目が行くのはこの鯛の場所だと思うのでいい感じだなと。

その他,福岡市と公益財団法人福岡コンベンションビューローが発行した
Yamakasa Fun Book『おっしょい』の表紙は博多祝いめで鯛!
これ,知らなかった情報が随所にあって読み応えあるのでGET必須です。

20170703ossyoi.jpg

ほんと今年は鯛の当たり年ですねこれをよいきっかけにして
博多の町でよりいっそう鯛が好まれるようになったらいいのになあと。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/2287-60844ffa

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif