ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

2017.06.30 Fri » 今年も半分終わりましたね


本日は櫛田神社で大祓と飾り山への御神入れがあったそうですが,
仕事の関係で一度もみることが出来てないのが残念です。

で,明日からは山笠期間が本格化するので,
昨日書いた第60回の山笠写真コンテストに応募できるような
写真撮るために準備するぞ~~~~!と思って
写真ファイルを整理していてふとみつけた写真と動画がこちら。



Youtubeに動画挙げておりますが「ギガが減るからみるか!」
と思われるでしょうし私もそう思いますので静止画も挙げておきます。
でも,ゆらゆらゆっくり円を描いて泳ぐ様をみると結構癒やされるので
自宅で容量気にしなくて良い人などはよろしければご覧ください。

20170630bora.jpg

文字で説明するとm博多川でみかけた,ボラの子どもが
クルクルと同じ場所を巡ってわっかになっているさまの動画です。

好きで何度も何度もブログに書いている鴨長明の方丈記の書き出し,

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。」

無常観の代表例と取り上げられるこの書き出しを学校で習ってから,
ちょっと大げさですが川をみる度に思い出して
人間存在なんて無限の川の流れの中で浮かんだ瞬間に流され弾ける
なんて小さくはかないんだろう~などと思ってばかりでありましたが,
このボラの子の輪になって巡っている姿などをみると,
同じことをくり返すことで「流されない輪」として
そこに有り続けることが出来るし,
輪でありつつけることで流れの中で螺旋として生きながらえるのだなあと。

これを自分で例えると,ものごころついた頃よりの根性なしなので,
年の初めに立てた「1年の目標」がまったく実現できないのを
半年たって嘆くのを毎年毎年毎年くり返すのが「お約束」で,
そのだめだめさをもって「自分」であり続ける訳ですが,
同じ「自分」で有り続けても,
もっと若い頃は「来年こそ頑張る!」と素直に思えていたのが,
年を取ってきてからは「おそらく来年も頑張れんやろうけど…でもなんとか…」
みたいな後ろ向きな気分が混ざり始めたので,
これは螺旋としての変化で,
これが大江健三郎のいう生の紡錘形理論かあ~なんて
原典を探せないおぼろげな記憶でまとめてしまいました。

で,これを山笠で例えると,昔と全然変わらない衣装で
昔と変わらない山台に載った人形を舁く人は,
祖父-父-息子-孫みたいな感じで代替わりしていて,
代は変われどその面影は同じって様をみられるのは,
「長い時間の中で変わらないでいられる様」なんでしょうが,
伸びゆく螺旋としてみてみると,昨年の山笠と今年の山笠の
差分の中にみえてくるものもあるのかもなあなどとも。
一般的な人の生のような紡錘形としてではなく,
「〇〇曲線のように~」とか「××分布のように~」なんて感じで
数式で例えられたら格好よいのですがその手のセンスゼロなのは
もう何十年も同じ場所ぐるぐるし続けて痛感はしたわなと。

ということで明日から始まる2017年後半戦も
きっとたいして何も出来ない年になる可能性大ですが,
んでもまずは山笠写真コンテストに出すことは実現させて
小さな一歩から少しずつ歩み直せるようにしたいなあと。

20170630CFCARD.png

とりあえずCFカードの準備OK!

それではみなさまよい2017年後半を!

20170630kakidashi.jpg
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/2284-11586cb6

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif