ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

2017.06.12 Mon » 櫛田神社発祥の麺


本日は櫛田神社に寄って帰宅!

20170612kushidamiya.jpg

って,写真のこちらは佐賀県神崎の櫛田神社で,
櫛田神社ではなく櫛山櫛田宮と呼ばれるのが正式名称のもようです。
本日は佐賀出張,しかも最終訪問地が神埼だったので寄らせていただきました。

20170612kushidamiyayuisyo.jpg

ご由緒沿革を文字起こしすると,

大昔,荒ぶる神が人々を害したが,景行天皇が櫛田宮を
創建されてからは厄災はなくなり神の幸の郡と名付けた(神埼郡)。
今から千九百余年前 吉野ヶ里遺跡と同時代の事である。

皇室領の神埼庄の郡中総鎮守神社として櫛田三神を祭り
(須佐之男命,櫛稲田姫命,日本武命)九州大社と称せられた。

鎌倉時代蒙古襲来の時,本宮の神剣を博多櫛田神社へ移して
異賊退散を祈り,霊験あらたかなものがあったので,
厄よけの神と崇敬された。縁起書に「万民を利益しますこと
凡智の測量する所にあらず」と記してある。

鳥羽,後白河,順徳天皇より社殿ご造営あり,
武将や藩主も崇敬あつく神領を寄進した。
明治十三年県社となったが終戦により廃す。
昭和二十七年「櫛田宮」と復古改称認可あり。

祭典日ご案内

一月一日 歳旦際
一月十五日 お火たき 古守札焼
二月三日 節分祭
二月二十五日 新年祭
四月七日八日 春祭
隔年みゆき大祭は四月第一土・日曜日
七月十五日 祇園社祇園祭 夏越大祓神事
七月二十九日二十日 祇園祭
十月七日八日 秋祭
十一月十五日 七五三祭
十一月二十九日 新嘗祭
(毎月一日は月首祭 十五日は月次祭)


20170612ishibashi.jpg

さすが櫛田の宮だけあってどこもすばらしいのですが,
特にいいなあと思ったのが池に渡された石橋の
石で出来た欄干に一体化するように繁茂する植物。

あと,いつも博多の櫛田神社の三神が一緒に奉られているのをみているからか,
櫛田宮の本殿と祇園宮の本殿が別になっているのをみて意外に思えたり等と。

20170612kushidamiyagion.jpg

「で,どこに麺の話が?」とそろそろ思われそうなので本題に入ると,
この神埼の櫛田宮は「神埼そうめんの発祥の地」なのだそうです。

20170612kushidamiyasoumen.jpg

石碑の部分を文字起こししてみると

寛永十二年小豆島より行脚し来たれる一雲水
この地に於いて罹病困窮せり 一丁目に住む
伊之助深く同情し 日夜看護に努めければ
病程なく癒へたり

雲水報恩のため 素麺製法の秘法を伝授せり
伊之助生涯この道に精進し 品質改善に努めしかば
名声諸国に広まれり

由来神埼町が名産素麺の町として繁栄し
今日に至りしは 正に伊之助の遺徳にして
有志相諮り縁りの地に碑を建立し
之を顕彰するものなり


神埼の麺メーカーで「伊之助製麺」があるのは知っていたし,
よく食べてはいたのですが,こうした由来のある人物
だったことははじめて知りましたし,
それが櫛田宮にも関係あると知ったのも貴重な体験でした。

20170612kushidamiyagyakko.jpg

これ以外にももっといろいろ面白い体験や美味ラーメン体験を
日帰り佐賀出張でしてきたのでまた順次ブログに書いていきます。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/2266-e4164383

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif