男心と梅雨の空
2017/06/09(Fri)

記憶ではもう梅雨入りした記憶がありますが,
今日はきれいに晴れてくれましたね。

もう毎日のことなので櫛田神社の正門前を通っても
写真撮ろうなんて思ったりはしないのですが,
今日は見上げた空との雰囲気が良かったので撮影。

20170609sora.jpg


雲の種類や名前などはまったく知識はありませんが,
高く細かく敷き詰める様は秋のうろこ雲のようだなあと。

「女心と秋の空」なんて言葉がありますが,
夏をはさんで対称になる梅雨の時期の
祭りを前にした博多の男たちの心もまた
落ち着かなかったりするんだろうなあ~などと。

そういえば昨日の6月8日朝の出勤時には,
正門前の土居通りの横断歩道を歩いて「暑いなあ」と思って
通りの先に見上げた空に「夏だなあ」と思ったのですが,
たった1日で空の感じががらりと変わるのはすごいものだなあと。

20170608sora.jpg

てか,今みてみたら6月8日は一度夕方に櫛田神社に寄っていて,
その時飾り山の山小屋横のクスノキの写真を撮っていますが,
同じ日の空なのにこっちはどこか冬の空のようにみえなくもないなと。

20170609sorakusunoki.jpg

まあ,梅雨なんて言う四季の解け合う狭間の時期には,
一日の間でも四季がめぐる感じなんだろうなあなどと。

秋夏冬と季節の3つを取り上げたので,なんとか春の面影が
写っている写真ないかとさがしたら,
6月9日に撮影した鬱金桜のさくらんぼというか実の写真。
珍しい黄色い花を咲かせる桜の実が黒いというのもまた面白いなあと。

20170609ukon.jpg

そういえば清道に桟敷席が建設されはじめたのをみて,
喜ばしい気分ばかりでいたのですが,
本日出勤時にみかけるとすでに牛さんにも枠組みが及んでおり,
もうじきその姿にさわることが出来なくなることに気づいたので,
今のうちにじっくりさわっておくことにします。

20170609ushi2.jpg
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/2263-386fe01c

| メイン |