2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
山のふもとのラーメン屋さん
2017/05/25(Thu)

城南区のお仕事に向かうため油山観光道路を南下。
最初は「どこでラーメン食べようかな~♪」と
うきうき気分で運転していたのですが、この道路、
福岡方面のぼりは2車線ありますが、
油山方面に下るのは1車線しかなく、
しかもバス停車用ゾーンが十分にない道なので
下りはほんと混雑しまくりですね・・・・・。
午前と午後で中央線変えたらよさそうなのになあと。

しかも今日は道路工事もあったりして
通るのにすごい時間がかかって気持ちがぼんやりしてしまったので
「こういうときははっきりした味のラーメンを!」
というモードになってむかった先は堤の唐木屋さん。

20170525karakiyamise.jpg

唐木屋 堤店 住所:福岡市城南区堤2-3-45 (MAP) 
営業:11時~25時 年中無休 駐車場:十分

300円以下のデフレラーメン店の中で、
一番醤油の印象が高く味がはっきり目に感じるこのお店は
食べてしゃきっとしたいときに思い出すことが多いかなあと。

大盛りではなくラーメン290円と替え玉100円の組み合わせに決めて
麺の固さを「ふつう」でお願いして出てきたのがこちら。
20170525karakiyaramen.jpg

ピントあわせがオートからマニュアルになっているのに
気づかずに撮影したのでぼやけた画像になっているのはお許しください。

で、最初に食べて思った感想が「今日の麺はいい!」でした。

20170525karakiyamen.jpg

そうめんレベルのかなりの極細麺は、表面を見た感じ普通のつるつる麺ですが、
食感をあまり感じない舌に触れた段階でざらっとした感触が分かったので、
口腔の粘膜に触れるごとにざらっざらっとした小麦感というか
素材感を感じさせてくれて、戸畑チャンポンの麺に少し似た食感だったなかと。
でも、もそもそとかしているわけではなくもむんとした弾力もあって、
なんというかこれは「わんこそば的に次々かきこんでしまいたくなる」
タイプの魅力のある食感のある麺だと思いました。

で、替え玉で次は「固めん」で頼んだのですが、
麺の弾力は噛み切れなさの方向に強くなった感じで、
で、表面のざらつきは増すのかと思ったらむしろ逆で、
固さを増した分咀嚼による細分化が進まず、
その分のどに流れやすくなって
結果的につるる感が高まる感じでした。

今日の体験で「極端の楽しさ」を再認識したきがするので、
極細、極太、極平、いろんな麺をまた探しに行ってみたいなと。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | デフレラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/2248-1e59815e

| メイン |