祭 WITH NO CLOUD
2017/05/14(Sun)

ユネスコ無形文化遺産 登録記念イベントWITH THE KYUSHU2日目!

天候の悪さを危惧した自分をあざ笑いたくなるど晴天の中,
ひいひい言いながら天神に向かうとそこはすでに国産の黒山の人だかり。
私この年までずっと黒山を「こくさん」と読んでましたよ
変換できずに調べたら「くろやま」でしたよ馬鹿さ爆裂。・゜・(つД`)・゜・。

山笠の偉い人たちが座られる場所なんて遙か向こうで,
A4用紙に6ポイントで印字した文字をさらにB5に縮小したレベルの小ささ!

20170514eraihito.jpg

まあでも山笠関連の偉い人たちが座られている席は,
記憶では集団山みせと同じ場所だったので
「どうせなら集団山みせの時に山笠が通らない場所で写真撮りたい」
と思って選んだのが「西鉄福岡(天神)駅」が見えるところ。
無茶苦茶太陽光線が入る大逆光故に写真撮る人はほぼいなかったので,
13時すぎてからの到着でも難なく最前列を確保できたのはよかったです。

で,西鉄福岡(天神)駅をバックに撮ってみましたが…
20170514tenjinyamakasa.jpg

かなり大胆にトリミングしても…ねえ。・゜・(つД`)・゜・。

20170514tenjinyamakasa2.jpg

日田の祇園曳も逆光と天神駅入れてみましたが画面白くなるだけで意味なし…

20170514tenjinhita.jpg

こっちがまだなんかましか。左下の頭がなきゃそこそこ良さそうなんですが。

20170514hitagyakko.jpg

まあでも,なんかいいなあと思ったのが八代妙見祭の方々で,
沿道の観客にみかん配ってくれたりとか,

20170514yatsushiromikan.jpg

最後尾の人がいろいろ観客わかして楽しませてくれたりと,
サービス精神ではぴかいちだったような気がします。

20170514yatsushirosaikoubi.jpg

で,巡行が終わって膳天神店を覗いて帰ろうと思うと,
山笠の詰所らしきところは市役所の海側にあったのですね気づきませんでした。

たぶん最後ここで手一本とか入れる時の写真とか撮れたらよかったのに,
気づいたときにはみなすべて終えたあとの安堵の表情ばかり・・・
まあでもその分ゆっくり山笠自体を撮影できますがなと思って,
出遅れた寂しさをサックスおじさんの背中で表しつつ撮影。

20170514yamakasawithsax.jpg

ここでも逆光がまぶしすぎて若葉が若々しすぎて
おじさんの背中の哀愁が伝わりにくくなったのは残念。

ま,でもこうして無茶苦茶快晴な二日間を山笠で楽しめましたが,
いつもの時期の山笠が夏を連れてくるのであれば,
この時期の山笠が連れてきてくれた夏は梅雨でしばしお預けになるので,
いつもの時期の山笠が再度本格的な夏をつれてきてくれるまでは,
今回撮影できた青空を心の支えにして梅雨に対抗していけたらなと。

20170514yamakasahikoukigumo.jpg
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 福岡情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/2237-e3e41f02

| メイン |