非決定的瞬間
2017/04/29(Sat)

先日「11時に見に行くつもり」と書いていた古式傘鉾御神入。

基本的に運のない私なので、ブログに予定を書くと大体外れるので、
内心「11時についたら終わっていて、風に乗って遠くまで飛び、
掃き忘れられた切麻(「きりぬさ」と呼ぶそうです紙ふぶき)に
祭りの名残を感じて出勤するつもりでいたのですが、
11時に到着したときには関係者はすべて本殿に入られたあとで、
神事がちょうど始まったころのようでした。

20170429kasahoko1.jpg

なので傘鉾自体をじっくり見学することが出来て、
今年の銀杏子さんの書は天照大御神、月讀命、須佐之男命の三貴子ですが、
昨年が国産みの筑紫島だったことと絡めると何かあるのかなあ…
などとちょっと考えてみたのですが私のレベルでは分かりませんでしたので
みたからに分かる「今年の鯛探し」をしてみました。

20170429mitateebisu.jpg

まずは恵比須流の御所人形 見立て恵比須の鯛はどこかやさしげ。
「信喬」の名前で検索してみると中村信喬先生のHPを拝見できました。

で、もう一枚はおそらく亀田均先生の描かれたもので
こちらは天高く跳ねてて威勢がいいなあと。

20170429kameda.jpg

記憶では傘鉾は各流で2本くらいはあったような気がするので、
またどんたくの日に鯛が増えていたらそちらも写真にとるぞ~と。

そういえば本日29日にはどんたくパンフ山積みされてました。

20170429dontakupanf.jpg


で、肝心の「切麻を撒いている写真」ですが。。。。。

20170429kirinusa.jpg

宮司さんが出てこられて白いふさふさ(正式名称大麻(タイマじゃなくておおぬさ))で
お清めに慣れているところまではいい感じに撮れたのですが・・・・・

20170429kirinusa2.jpg

一番いいところでなにこれ。・゚・(つД`)・゚・。血涙

まあでも私らしいといえば私らしい写真、
ある意味プロにはとれない決定的(にだめな)瞬間を
激写できたわけだと思えばいいんだよねえ。・゚・(つД`)・゚・。

まあでもプロの人が撮られるのをみていると、
本殿むかって左の木の下から見上げるように撮るといいみたいなので、
また今度の参考にしたいと思います。

20170429wind.jpg

まあでも、夏日を思わせるような強い日差しにおされて
あまり吹かなかった風がそわそわと傘鉾をゆらし、
ちりりりと鳴る小さな鈴の音にこころをいやされたので
少し足取りも軽く出勤することが出来ました。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/2222-0ed74df7

| メイン |