ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10

2017.04.07 Fri » こんなものまでカップめんに!


※本日は画像処理が難しい非力なパソコンで古い画像を処理しているので
写真の色味がむちゃくちゃですがご了承ください。


で、先日の東京出張時の話。

晩御飯を買い求めにドンキホーテによると
「ご当地カップめんコーナー」があって、
何か面白いものあるかなあ~と探してみると、
なんと「黄そば」のカップめんがあるのを発見。

うどんそば用の和風のつゆに中華めんを入れる黄そばは、
関西以外にもありそうなので関西名物といってよいのか不明ですが、
製造は関西兵庫県の「イトメン」でした。
トンボマークと黄色いパッケージが印象的な「チャンポンめん」の
メーカーだというと福岡でもご存知の方いらっしゃるのではと。

パッケージはこんな感じ。

20170407kiisoba.jpg

粉末スープと揚げ玉とえびのかやくに七味がつく感じですかね。

20170407kiisoba2.jpg

出来上がりはこんな感じ。

20170407kiisoba3.jpg


黄そばの楽しみは、「和と中華の心地よい程度の不協和音」を
楽しめる面にあると思うのですが、麺がフライ麺になると
どこか西洋感も混ざってしまって「和洋中のせめぎあい」みたいになって
重なり合うところがなくなるために印象が薄くなる気がしました。

そのため、味の記憶があまりないのですが、それでも鮮明に残っているのは
「イトメンのチャンポンめんの特徴をなす乾燥えびの味」で、
乾燥しいたけははいってないけどえびだけで
「イトメン食べてる!」という喜び感じつつ食べ進めることが出来ました。

そういう意味では、イトメンの乾燥えびなみのキラーコンテンツというか
「キラーかやく」って何があるのかなあと考えて、
謎肉ふわ卵ガシガシえびのそろったカップヌードルのすごさを実感したりとも。

そういう意味では「カップめんのかやくを熱く語る」
なんてこともしてみたいものだなあと。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/2200-1d46b0fe

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif