細うどんの元祖「一心」の細うどん
2017/04/06(Thu)

先日,呉に行って煮干ラーメンや呉冷麺の売り切れの憂き目にあったり,
細うどんが有名なのにうどん屋さんで豚骨ラーメン食べてしまったことを書きました。

でもやはり細うどん食べてみたいなあ~という想いが募ったので,
いつもはあまりしないのですがスマホで有名店を検索。

20170406hosoudonsuggests.png

今パソコンで「細うどん」と打ってスペース入れたら
サジェストされるお店に出てくるくらいの有名な「一心」さんが
呉の細うどんの発祥らしいので,ちょっと商店街からは離れていますが
連食でカロリー大量に摂取するせめてもの代償と思って歩いてお店に。

20170406isshinmise.jpg

プラ板や後付けのサッシなどで幾重にも補修を重ねて来た木造の店舗が
傾きかけた日の光をあびてうどんつゆのような黄金に光っていていい感じです。

むき出しの銀色アルミの引き戸をザラリと開けると,
予想以上に広い空間にカウンターとテーブル席が複数あり,
春の選抜高校野球こそが似合うテレビがまさにその活躍の時を過ごしていました。

20170406isshineigyo.jpg

住所:呉市西中央5-1-12 (MAP) 
営業:7:30~15:00(土日祝は17:00まで)
定休:火曜と第2,第4水曜と思われます(要確認)

うどんは450円~で玉子500円,きつね560円などなので,
ワンコイン派の私はまよわず「うどん450円」を注文。

やはり細うどんだからか出来上がりも速く数分で出てきたのがこちら。

20170406isshinudon.jpg

名前はなにもつかない「うどん」ですが「素うどん」とは違って,
そぼろ状になった薄揚げとネギととろろ昆布がデフォルトで入っています。

まずはおつゆをいただくと,薄揚げからの甘みがすでに
おつゆ全体に広がっているのでやさしい甘さが最初に出てくるかなと。

20170406isshinudonup.jpg

細うどんの食感ですが,細いので「つるつるすべってつかめないかも?」
と思ったのですがそういうことはなくて柔らかさもあってつかみやすく,
コシなどはないですがふやふやすぎることもなく,
さっと噛めば素直にかみ切れてすっと流れる感じに思えました。

で,細うどんとそぼろ状の薄揚げを絡めて食べようと思ったのですが,
普通に箸で持ってもあまりからまないので,
レンゲで薄揚げそぼろと麺をまとめて食べると良いかもと思いました。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べ物(福岡以外) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/2199-3e47fb7c

| メイン |