2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
CD『おいさときおい』の感想
2017/03/23(Thu)

昨日、発売日GETは出来なかったのですが本日やっと入手できました。
詳しい紹介はUNIVERSAL MUSICのこちらの
ページが公式になるのかなと(LINK)

1.背伸び / Senobi
2.君のてのごい / Kimino Tenogoi
3.いわいめでた / Iwai Medeta
4.祝目出度(博多祝い唄) / Hakata Iwai Uta
5~7 最初3曲のカラオケ

20170323oisatokioi1.jpg

特徴としては、
・元JUDY AND MARYのリーダーでヒットメーカーの恩田快人氏がプロデュース
・ 1曲目『背伸び』を“ぐるたみん”というニコ動出身の歌手の方が担当
・編曲は蝶々PというVOCALOID系出身の方が担当

といった感じなので、最初2曲は
「小学生、中学生あたりを対象にした若者ソング」になってますね。

まあでもこのぐるたみんという人の声はかなり高めで、
さだまさしを原曲キーで歌えるそこそこ声の高い私が
裏声全開で歌っても出ない感じのハイトーンなのがすごいなあと。
でもその高い声に低い声の成分も混ざる感じの印象的な声かなと。
あとスピード感があるので、子ども山笠の映像をテレビで映すときに
後ろに流すとすごく合いそうだなあと思います。
20170323oisatokioi2.jpg

2曲目の『君のてのごい』の印象は、たとえが古くてすみませんが
ハイスクール奇面組の歌の「うしろゆびさされ組」とかに似た感じで、
おいさへのまだ透明な気持ちにほんのり紅く恋心が染まり始めた
ういういしい頃の気持ちをアイドルらしい歌唱に託した感じでしょうか。

これら2曲は「小中学生自身に歌って欲しい」という目的でしょうが、
福岡出身以外だけどネットで全国的な評価を得ている人たちを使うことで
「福岡以外の若い世代への宣伝効果」を目指しているのではと思います。

で、3,4曲目は両方とも博多祝い唄で、
4曲目は山笠振興会による正統派の歌唱をそのまま録音したものですが、
3曲目はまったく違うアレンジでかなり踊りやすい曲になっておりました。

初回限定版のDVDに振り付け動画もあって、それを見る限り
振りつけは簡単で幼稚園児くらいでも大丈夫だと思いました。
というか、「写真に撮ったときかわいく写るポーズ」が多いので、
幼稚園や小学生低学年の子たちがぽんぽんとかもって
運動会などで踊るといいだろうし映えるだろうなあと。
で、知らない最近の流行の歌で踊られても祖父母の世代だと
分からずにつまらない可能性ありますが、
アレンジはかわれど博多祝い唄だと祖父母世代も聞いていて分かりやすいかもと。

私の予想としては3曲目の「博多祝い唄」ダンスバージョンが
今後もいろんなところで踊られるようになるのではなどと。
なので値段がワンコインも変わらないので絶対に
DVDつきバージョンを買ったほうがよいと思います。

あと、個人的に一番すきなのはケースを開くと
前面にひろがる櫛田入りの写真で、
横に広いパノラマの画角を活かしたいい写真だなあと感服でした。

20170323oisatokioi3.jpg

まあでもいろんな形で「子ども自身が楽しめる活動」を
いろいろ探られているように思えましたので、
今後もいろんな試みをしていって欲しいなあと思いました。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/2185-fa798624

| メイン |