プレミアムフライデーに思うこと
2017/02/24(Fri)

さてみなさま,初のプレミアムフライデーをいかがお過ごしでしょうか?

「思う存分酔っ払っちゃったんで今日は泊まって帰ります~♪」
なんて思っている人も入るかもしれませんが,
今日は話題になっていた「国公立前期試験前日」なので,
おそらくカプセルホテルも満室だと思いますのでご注意を。

20170222zenya1.jpg

で,元ツイートを探せないのですがツイッターでみかけた内容で

ツイッター:プレミアムフライデー?そんなものあるか!
Facebook:プレミアムフライデーに賛成!
Instagram:プレミアムフライデーで今日はワイン会♪

みたいな違いがあるのでは,というネタがありましたが,
ほんとツイッターを見る限りは「まるで関係なし」の人が多いなと。

というか金曜日が半ドンになっても,
土曜日出勤だったら基本的に何の意味もないですものね。
それなら「月曜午前休み」のプレミアムマンデーの方が,
まだうれしい気がするのですがどうなのかなと。

んでも今回のプレミアムフライデーに関して,
ツイッターでつぶやかれている内容をみていると,
現在の消費マインドの冷え込みの闇はすごく深い気がしております。

外食の価格と価値の問題にも少しからみますが,最近の
「みんな安いものしか食べてくれない」という問題は,
不況と冨の分配の二分化などがからむ庶民の給与の減少に主原因がおかれ,
庶民の給与向上にもつながるような景気回復があればいいのに,
という視点の人がほとんどのような気がします。

「若者の○○離れ」っていうけど,若者はお金もってないからでしょ!
みたいな意見は結構あってそれも真実でしょうが,
それとはまた違う,「消費への誘導に絶対のせられてたまるか」
みたいな「構え」をもつ人が昔より増えた気がします。

「他者の策によって消費させられる」ことを「他発的消費」として,
「自分の意志によって消費を決める」ことを「自発的消費」とすると,
前者を拒否する傾向がすごく強くなってきているなあと言う気がします。

『んだからこそ,「この値段には理由があることを説明すれば!」
という意見は正しくて,それが自発的消費の誘導につながる
最善策であることも確かだと思うのですが,
それにも一筋縄でいかない面もあるかなあと。

20170222zenya3.jpg

なんというか,価格の理由を説明しようと能弁になればなるほど
「価格を納得させられようとしている」という作為感が高まってしまい,
「他者の作為への従属」への嫌悪が沸き上がって思考停止してしまう気がします。

「ボジョレヌーボー」「乾燥ポルチーニ」「恵方巻」あたりへの反発は
まあむべなるかなって感じかなと思うのですが,
「はいはい炎上マーケティングですよね」
「ミスによる大量注文解決へのご協力依頼商法も飽きたね」
あたりなどの宣伝行為全体への「恐怖」「嫌悪」的な生理的反応を
もたれ始めたのって結構最近のような気がするのですがどうなのかなと。

・・・・・・・・・・・・・。

今日は「価格と価値」の話とは関係なく書こうと思ったのですが,
自然と関係し始めてしまってその結果全くまとまりませんでした。・゜・(つД`)・゜・。
まあでもこうして思いついたことそのままブログにあげていくと
あとで自然とまとまり始めると思いますので挙げさせていただきました。

で,ここからが今日一番書きたかったことですが,
私自身は「プレミアム」という言葉から「プレミアムモルツ」しか
思い浮かべないモードになっておりますので,
プレモルよりかはエビスが好きなのでエビス買って帰るべ~♪と。

20170222zenya2.jpg

この貧乏性の私にエビス買わせる効果があったのですから,
意外や意外でプレミアムフライデーって続けていくと
面白い効果を今後生むかもなあと思うがどうでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 食ニ想フ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/2158-5d352dad

| メイン |