2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
落ちない心 落ちても復活する心
2016/11/19(Sat)
出勤前に櫛田神社に寄ると,七五三と結婚式のWめで鯛で
境内は満たされておりました。

20161119rose.jpg

おめでたいといえば来週の11月26日土曜日に,
西区にある「福岡県水産海洋技術センター」にて
「おめで鯛まつり」があるそうなので是非是非(pdfへのリンク)


私もいき鯛!と思ったのですが,その日は
仕事があって確実に無理。・゜・(つД`)・゜・。

20161119sazanka.jpg

ちなみに,センターのHPみていると,
昔熱帯魚を飼っていたころに使っていたえさの「テトラミン」
という名前をみつけたのでリンクをクリックしてみると,
「巻き貝の唾液腺に含まれる神経毒」もテトラミンというみたいです。
厚生労働省の自然毒のページを見てみると,中毒例はあるけど死亡例はなく,

「中毒原因になる巻貝は酒のつまみにすることが多く、
中毒症状(酩酊感)との関連で実際には中毒にかかったとしても
酒に酔っ払ったとして見過ごされているケースもかなりあると思われる。」とな。
( http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/animal_det_14.html )

おそらくセンターの職員の人はみな理系の研究者でしょうから
こんな話題を話しかけてみると嬉々として鬼気迫る解説
してくれると思うので(?)お子さん連れで是非是非。

閑話休題。

で,櫛田神社に話を戻すと,ようやっとぎなんの木の紅葉が本格化して
赤木緑の幟の錦に映えだした気がしたので写真をパシャリ。

20161119ginan.jpg

で,その後出口近くの金属の柱をみると…

なんかすごい奇跡的なバランスで落ちずにいる葉っぱを発見。
20161119ochinai0.jpg

ぎなんの木自体の御利益にこの落ちなさが加わっておめでたいので
この画像をスマホに入れて試験受けると落ちないかもしれません。

20161119ochinai.jpg

って,撮影した私があらゆる試験に落ちまくっているのですが。・゜・(つД`)・゜・。

まあでも,駅前通りの大陥没もいろいろな方々のご尽力で
おどろきのはやさの復活を遂げられたことですので,
つい最近も落ちて貴重なチャンスを逃してしまった私などは
あの場所で「頑張れば復活はできる」と思うようにしたいなあと。

秋が過ぎて冬が来ると受験シーズンが始まりますが,
あの場所を「再起を誓うための場所」として使うのは
「再起を導くのは奇跡ではなく懸命な努力をつぎ込んだ軌跡のみ」
ということを実感しやすくてよいのかもれないなあなどとも。


関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/2061-d51fd3d0

| メイン |