意外といえば意外なこと
2016/09/29(Thu)

先日の博多駅ビルの屋上にいったときの話。

東側をみると空港に降りる飛行機を間近に見ることができて
新幹線が停まる駅ビルから空港がみえるなんて
ほんと福岡の交通の利便性はすごいなあと実感できる光景だなと。

20160929airportviewfromhakatasta0.jpg

この新幹線駅と空港の近さに関してはおそらく日本随一なので、
どこの住民を連れてきてもその意外さに驚いてくれると思うのですが、
私が気づいた意外性はまた別のもので、それは
「屋上から空港の滑走路までみられるのだな」ということ。

20160929airportviewfromhakatasta1.jpg

なんというかイメージでは、空港近くまで飛行機が見えるけど
いざ着陸という時には近くのビルに隠れて飛行機は見えなくなると思ってました。

でも、この写真を見るとわかるかと思いますが、
「着陸して滑走路を走っている飛行機」を博多駅の屋上からみられるのですね。

20160929airportviewfromhakatasta2.jpg

「別にそんなの当たり前じゃん」と言われそうですが、
空港近くの3号バイパスあたりを車で走っていても、
滑走路はビルで見えないし当然博多駅も見えないのになあとか、
この都会の福岡でそれだけの見通しを確保できる土地の広さと
ビルの高さ制限っていうのはすごいなあと思ったりなどと。

もし、空港が近くなかった場合は博多駅周辺には
どんなビルが建っていたのかなあなどとも。

すみません明日はいつもの朝一より早く出勤せねばならないので、
なんのまとまりもひねりもないまま今日も終わらせていただきます。

明日は夜はゆっくり出来るはずなので明日に乞うご期待です。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/2011-7946775b

| メイン |