2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
2000の足元
2016/09/18(Sun)

「2000エントリ記念でなんか面白いことを!」と気負ってみたものの
この天気でろくに外出も出来ないまま時間は過ぎて20:00近く。
まあ,http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/blog-entry-2000.html
てなかんじで,アドレス表記は2000になるけれど,
書いて消したエントリとかもあって実際にはまだ1979でしかないので,
いつものぐだぐだペースで書くことにします。

午前の嘘のような大雨の間を縫っての出勤前に櫛田神社へ。
櫛田本因坊戦というのが開催されていました。

20160918kushidago.jpg

数学や物理が苦手で,論理的思考力を問われるゲームが苦手な私にとって,
囲碁や将棋,オセロやルービックキューブとか出来る人はほんと尊敬に値するので,
どんな人がされてるのかなあと,孤独な冬の夜に温かい家庭の窓をのぞき込む気分で
出入り口を眺めているとほんと利発そうな表情の子どもが出てきて合点がいきました。
なんかこう賢い人って子どものころから目が違うんですよね。
「目指している未来が違う(c)シャープ」というか常にその先をみているというか。

まあでもさだまさしの『まほろば』で例えると(良い歌なのでぜひぜひ)


賢い人たちが遠い明日を見据えるのに長けているのであれば
私は足元にぬかるむものに気を留めてみるのが好きなようで,
夫婦鯛で有名な夫婦恵比須神社近くの夫婦銀杏の木から,
いく粒ものぎんなんの実が地面にたたずんでいるのに気づきました。

20160918meotoginnnan1.jpg

夫婦恵比須神社近くの夫婦銀杏の木になっていた
夫婦銀杏を見つけられたのはラッキーだなあ~
これだけ御利益重なればこの私でも夫婦になれるかも~
なんて思いながら写真に収めていると,ふとその近くに
銀杏の実同士の夫婦ではない葉と実の夫婦銀杏をみつけました。

20160918meotoginnnan2.jpg

『葉の供給した栄養で実がなるのだから親子では?』
『そもそも実同士でも同じ木の子だから夫婦じゃない??』
『葉が若い頃の姿,実が晩年の姿と思えば年の差婚夫婦???』

なんて思ったりもしましたが,よくよく考えたら男と女で形状も違えば,
まあるい性格とすじすじまっすぐな性格の性状の違いとかで
「異なるものが和合してこその夫婦」と考えればいいんだろうなあとも。

で,ふと目を上げてみると夫婦銀杏の木の御幣(?)に
蝉の抜け殻があったので写真を一枚。

20160918semi1.jpg

そして今ピクセル等倍でみてみると,和紙だと思っていた
御幣(?)にビニールテープのような凹凸があるのに気づいて
これも防水加工の素材であることに気づきました。

20160918semi2.jpg

ということで当初「2000記念で2000円のラーメン食べに行くぞ!」とか
思っていろいろ壮大なこと考えていたのですが,
いつものような半径1mの世界でのブログになってしまいました。・゜・(つД`)・゜・。

20160918hakatariver.jpg

まあでも,これが2000弱適当に書いてきたものたちが
思うがままに流れた水跡の重なりの結果としての流れでしょうから
今後もこの調子で続けていけたらなあと思っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

20160918mangetu.jpg
ま~ん~げ~つ~!


ということで,きっと誰も聴いていないであろう『まほろば』を伏線として,
17日偶然みえた満月の写真を挙げ伏線回収しておきます。

20160918ashibi.jpg

ちなみに,櫛田神社では馬酔木はしめかけ稲荷神社の鳥居の近くにあって
それこそ初午大祭のころが見頃ですのでぜんざい食べながらご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/2000-e197cf0a

| メイン |