博多港までぶらぶら
2016/09/03(Sat)

最近自宅と職場の往復ばかりになっていたので、
ちょっと反対方向に歩いてみたいなあ…なんて思っていたところ、
博多湾に入港した船の一般公開があると
Twitterで知ったので足を伸ばしてみることに。

20160903toyoshima1.jpg

海上自衛隊の掃海艇「とよしま(MSC-685)」らしいです。
ちなみに「掃海艇」ってなに?海をお掃除するの???
なんてボケたつもりで書いて調べてみると実はほぼ正解で
「掃海による機雷の排除を任務とする軍艦(wikipedia)」なんですね。

記憶ではこれまで2回ほど博多港での一般公開に出くわしたのですが、
いずれも公開時間を過ぎていたり昼休みだったりして叶わずだったので、
今回は満を持して公開時間に間に合うように到着したら問題発生!!!

船にあがるためには案内役の人とマンツーマンにならないといけないのですね。
よくよく考えたら自衛隊の現役の船なのですから
機密事項などもあるだろうから一般人に自由見学させるわけにはいかんわなあと。

20160903toyoshima6.jpg

ただ「船に乗ってゆらゆら揺られたい!」って気分で来ていたので、
何か案内役の人と間を持たせられるようなミリタリー系の質問とか
思いつかないかとない知恵をフル回転させましたが全然出てこず。

「長期間船に乗ってると曜日感覚なくなりませんか?」
「スマホとか個人で使えるネット環境あるんですか?」
「1つの船には何年くらい勤務するの?一生添い遂げたりはまずないの?」
とかの質問を今思いつきましたが、こんなこと
一般公開で話せる流れにまずならないだろうので船にあがらなくて正解だったかと。

まあでは後ろ側からの写真も撮って去りますかね~
と思って近づいて行くと船員さんたちが
わしゃわしゃ動き出してなんか作業をされ始めました。

20160903toyoshima2.jpg

結構派手な動きをされていたので、『何か喫緊の問題でも起きたのか???』
と思ってみてみたのですが、基本的には岸壁と船のあいだのクッションを入れたみたいですね。

20160903toyoshima3.jpg

まあでもこの手の作業を見るのが好きな自分なので、
これだけみられたので満足できてしまい、船にあがらず帰宅できました。

ちなみに博多港はいままで見たことないくらいの満潮でした。

20160903toyoshima4.jpg

あと、港の施設なのに、「契約切れだから電気止めたった」
措置をくらっているのがありましたが、
博多港の岸壁の管理主体ってどこにあたるのかなあなどとも。

20160903toyoshima5.jpg
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1985-d9264838

| メイン |