2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
祭のあとさき
2016/08/25(Thu)

コピペですむと思っていた書類が実は結構手ごわいことに気づき
そろりそろりと手探り状態で作成していたので
結局博多駅に到着したのは21:30頃でした。・゚・(つД`)・゚・。

大浜流灌頂は26日まであるそうなので、
今日はもう素直に帰って明日にするかと思ったのですが、
本日の書類の進行具合からすると明日もみられない可能性あるので
祭の後でもいいからみにいくぞ~!と行ってみました。

私の姿を見るや否や軒先の御献灯の明かりを消されるなど、
「祭のあと研究家」の私を慮った厚遇に感謝しつつ進みます(笑)。

20160825oohama1.jpg
(「冷たい物が美味しかったり、水遊びして気持ちがいいのは
暑い夏のおかげ。」ってほんとそうですよね。)

でもほんと言い訳でもごまかしでもなく祭のあとの光景は大好きなので、
ガコガコぶつかりながらその数を増やして行く袋の中の空き缶の音、
ジャブジャコ撒かれた水の中を往復して汚れ落とすブラシの緑、
「じゃあまた」と四方に分かれて行く人と、
家に帰る途中ではじめてあって「なんであいさつせんとや~」と
教育的指導をしてすぐに破顔一笑、現況を確かめ合う人たちの声に
なんだかいいなあと思いながらいろんな光景写真におさめました。

20160825oohama3.jpg
(なんだかセクシーな絵ですね)

20160825oohama4.jpg
(子ども向きではない絵だからこそ子どもにみせたいですね)

20160825oohama2.jpg
(どう考えても儲け度外視ですなあ地元の人がされていてこそだなと)

あああでもこうして書いていると、このお祭に関しては
一度も「祭本番中」を見たことがない気がするので、
やはり何とか明日は20時くらいに訪問して
露店をしていることの光景を見てみることにするぞ~~~!

20160825oohama5.jpg
(明かりの消えた隙間の多い提灯が遠くの明かりに照らされて
風をいっぱいにたくわえてゆらめく様がきれいでした。
左の提灯に緑の色が残っていることでモノクロ変換してないのがわかるかと。
提灯の明かりが消えているからこそ見えた幻想的な光景でした。)
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1976-22794ac8

| メイン |