わかりにくい信号
2016/08/18(Thu)
博多駅前通りの街路樹が伐採されてしまったことを以前書きました。

伐採されてわかったのは「日陰を作ってくれていたのは木だった」ことで、
これまでは東側の通路を歩いていたのが、
それでは日差しが強いので日陰になる西側を歩くようになりました。

で、気づいたのがこちらの交差点(博多区役所南口)の歩行者用信号。



小さいですが「向こう側の歩行者信号が赤」だけど、
「中間地点の舗装道路には歩行者信号がない」ので
そこまでは信号を気にせず歩いていいように思えます。

20160818signal1.jpg

けどなんか危ないので向こうの歩行者信号が青になるのをまっていると、
若いカップルの女性が「信号ないんだから渡っていいんだよ」と
ドヤ顔で彼氏に言って渡っていきました。

んでも、これって少し後ろに下がってみてみると、
対になる歩行者信号がついているのは確かなのですよね。

20160818signal2.jpg

で、渡って向い側からみると、中間地点に歩道はあるけど、
やはり遠く対になる形で歩行者信号が設置されていることになると。

20160818signal3.jpg

しかもこっち側からの写真に青い看板で「博多警察署」とありますが、
そちら側から出てきた車はこの横断歩道に対して
Y字路的に進入してくることになるので、いつでも横断OK
的な感じで歩行者がいるとすごく危険になるのですよね。

このあたり、博多駅前通が1車線化されると歩行者の数が増えるはずなので
その工事のときにちゃんとわかりやすくした信号が設置されると良いなあと。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1969-a3f14c5e

| メイン |