国際都市博多
2016/08/17(Wed)

出勤前に櫛田神社に寄ると、海外のTVか映画のスタッフが、
剣道をしている風景を撮影されていました。

20160817kendo.jpg

剣道に詳しい人から見るといろいろ突っ込みどころありそうですが、
なんかでも剣道をリスペクトしてくれている感じは伝わってきたので、
本国でどのように放映されているのかなどみてみたいものだと思いました。

で、その後博多駅前通りを歩いていると、
博多駅もしくはキャナル・櫛田神社の方向を示す
表示に変化があるのに気づきました。

これ、私の記憶が正しければ、これまでは「日本語とハングル」
での表記しかなく、中国語や英語がないなあと思っていました。
20160817kankoku.jpg

でも、今日みてみると、英語バージョン、
20160817english.jpg

中国語バージョン、
20160817chinese.jpg

読めないのでわかりませんがおそらくアラビア語バージョンもありました。
20160817arabia.jpg

もしかしたら私が歩かない柱にすでに掲示されていたものを
位置を変えて掲示しなおしただけなのかもしれませんが、
もしかしたら、ライオンズクラブで国際意識が更に高まって、
英語とアジア系以外の言語の必要を認識されたのかもなあなどと。

一時の爆買いブームの頃のような混雑は最近みかけられなくなりましたが、
でもまだまだ海外からの観光客がいっぱい来てくれているのも確かですし、
ツアー客ではなく個人観光客が増えたような気がするので、
こういう案内は今からも充実していくとよいのだろうなあと。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1968-803a0c4e

| メイン |