2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
博多ナイトフィーバー
2016/08/16(Tue)

近き~やどに~陽は落ちて~♪

20160816sunset.jpg
(キャナルのヤドン&ミニリュウスポットから中洲方面を臨む)

てな感じで夕方にはすでに自宅周辺にいたのですが、
田舎に帰省してまったく歩かない日々が続いたのを反省して
ポケモンGOウォーキングを兼ねて博多部のお祭見学に。

まずは中呉服町の海元寺の閻魔祭へ。
地蔵盆並みの地元の人のための小さなお祭だと遠慮しようと思ったのですが、
祭の赤い幟も掲げられていて関係ない人も入りやすい雰囲気でした。
(規模的には川端飢人地蔵尊夏大祭と同じくらいに思えました)

20160816enma0.jpg

博多部の祭に関しては「博多の魅力」HPを頼りにしているのですが、
そこでみた昼の風景の写真と夜の光景の印象ががらりと違うので
日が落ちて涼しくなってから行かれるのもよいのではと思われました。

20160816enma1.jpg

20160816enma2.jpg

潮音山海元寺の名前どおり海音に誘われて千代方面に歩いて行くと、
川岸に山笠の詰め所のようなものが見えました。

20160816nureginu0.jpg

盆で帰ってこられたご先祖様が月遅れの山を追えて直会でもされてるのか???
と思いながら近づいて行くと、先ほどの赤と対称的な緑の幟が並んでいて
濡衣塚のお祭があることを初めて知りました。

20160816nureginu1.jpg

濡衣塚大祭という名前で、濡衣塚保存会によるもののようです。

20160816nureginu2.jpg

こんな感じでちょっと歩くだけでいろんなお祭に出会える
博多の文化的豊穣さをありがたいと思うとともに、
帰省先の親の実家の田舎の祭を大事に出来ていない自分を反省するのもまた確かで、
朝と夜、光と影、生と死、過去と未来、都会と田舎、親と子、
この時期はほんといろんなものの対比がくっきり際立つが故に、
その間で逃げ水や蜃気楼のようにゆらぐ自分に戸惑うことも多いなあと。

ま、でもそれこそもまた夏の醍醐味なんだろうなあと。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1967-21bdb50f

| メイン |