2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
とれたての重要性 
2016/07/13(Wed)

昨日、「追い山ならしの報告は明日」と書いていたのですが、
1日たって集団山みせが終わった後でいまさら
へたくそな追い山ならしの写真を貼っても恥ずかしいだけだなあ…
と思えてきてしまうものだなあと。
プロや上手な方の完成度の高い写真や、
参加された方のリアル度の高い写真等をみてしまうと、
自分の撮った写真の魅力がどんどん下がっていってしまうなあと。

麺ブロガーでも「早麺派」の方々は、こういった気持ちを
麺について感じられているのだろうなあとふと思ったり。

てな感じで情報も食べ物も鮮度が命ということを痛感したので
本日お昼に食べた鮮度ぴちぴちの青物寿司セットの写真をば。

20160713aomonodukushi1.jpg

アジとイワシの握りを中心に12貫で398円は、
小骨とったりする手間考えたらほんと安すぎバイ!

20160713aomonodukushi2.jpg

ふと思ったのですが、このお店こうして博多弁で
購入の誘い文句が書かれているのが常なんですが
鯛の刺身とかだと「安すぎタイ!」とかになるのかなあと。
こんどまたみてみようと思おとるタイ!(偽博多弁すみません)

しかしまああっというまに「あと二日寝たら山笠終わり」ですね。
ほんとあの15日の昼の「山笠?そんなんあったん?」的な
パラレルワールドからいきなり現実戻ってきたかのような
不思議な感覚はいまだになれないものですが、
そんなあっけない去り方するからこそ毎年待ち遠しいんでしょうねえと。

確か飾り山は明日いっぱいしか見られないはずなので、
まだみていない山などあれば明日足を伸ばされてはいかがでしょうか?

20160713hakataekiyama.jpg
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1935-504b0913

| メイン |