2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
お寿司と丸の魚の関係
2016/06/29(Wed)

いつも行くスーパーの鮮魚コーナーを見ると、
「コチ」のお寿司が小分けパックであるのを発見。
4つで160円というのはちょっとつまむのに最適でうれしいなあと。

20160629kochi.jpg

「コチ」というと私のイメージでは「てんこち」。
キスを釣りたくて投げ釣りして、釣れた!と喜んだら
全然違うでろ~んとした頭でっかちのさえない色のがぶらさがっていて、
体はねっとねっとしてタオルだめにするくらい粘液まみれだし、
針をのどの奥まで飲み込んでいるから針はずしも入らなくて
防波堤でふぐが釣れた時と同レベルでいやな外道でしたね。
「てんこち」は関西の呼び名で一般的には「めごち」の模様です。

で、この手の日ごろ見かけない珍しい魚の刺身や寿司があったときは、
その向かいの「丸の魚で売るコーナー」で成魚の姿を確認するのですが、
結構大きいのが298円という安価で売られていたので今が旬なのかなと。
あと、たぶん売られていたのは本物のコチで、てんこちとは違う魚の模様です。

でもこうして、寿司として売られている魚が
同じ店で丸の魚としても売られているのって
「そのお店で捌いて寿司にしている」事の証でうれしいですよね。
しかもコチなんて刺身にするまでの下ごしらえが大変そうな魚を
4つでたった160円で売ってくれるのはほんとうれしいなあと。

味の感想としてはふぐやキスほどの透明感やしゃっきり感はありませんが、
その分甘みがわかりやすいしむっちり食感もあって食べ甲斐あるので、
寿司ネタとしてはコチのほうが存在感出せていいのかもなあと思いました。
わさびよりもみじおろしあたりとレモンとかで食べると夏にあいそうかなあとも。

また季節季節であんまり食べたことのない旬の魚を
安くで提供していただけること期待しつつおいしくいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

さ、みなさんそろそろ山笠シーズン入るので
旬のきゅうり食べておくのは今のうちですよ~。

20160629kyuuri.jpg

「お前山笠参加せんし関係ないやろ!」とのつっこみ聞こえてきますが
まあこういう「きまり」に従うのは楽しくもあるということで。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1921-3c977d8d

| メイン |