2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
志の高さを感じるワイン
2016/04/29(Fri)

29日の今日はお仕事でしたが、明日から6連休!
これでGWに片付けておきたかった仕事に取り掛かれる。・゚・(つv`)・゚・。

2日でできなきゃ断念するしかない仕事1つと、
4日かけたらどうにかなりそうな仕事1つなので、
6日あれば両方完成できるよねきっと!!!!!

5月5日までに完成できなくても、なんとか5月8日までには
完成させてやるぞ~~~~!!!!と意気込んでおります。

そんなGWに突入する夜なので今夜は少し高級なお酒を・・・
なんて思ってセブンイレブンで買ったワインは
QUINTA LAS CABRASの白税込514円だけど
4月30日まではナナコで払うと100Pつくので実質414円!

20160429quinta1.jpg

日本の安ワインが「ジュースのようなあたりさわりのないやさしい味」で
高級ワインが「絹目のような味の細やかなグラデーションのあるやさしい味」
だとすると、このワインはけっこうはっきりきっかりたっぷりした
味の個性が出ていて、ある意味甘さ水っぽさ酸味などが
ばらばら不協和音的に流れるのでおだやかな気持ちにはならないのですが、
その分「単なるジュースからは抜け出したかったんだろうなあ」
というのを感じられるのでその志は買いたいなあと。

20160429quinta2.jpg

高いワインのまろやかな円熟の味を「味あわせていただく」のもいいけれども
味を探ろうとして口腔内をころがしたら潜んでいた意外な酸味に
むせてしまうようなワイン飲んで、自分の若かりし頃の、
志だけは高かったけど支える胴体はやせっぽちで
ちょっとの風で転げまわっていたような安い若さの思い出を
たははと笑いながら自分で咀嚼して楽しむのもまた良いもんだよなあと。

20160429quinta3.jpg

ちなみに、キンタ・ラス・カブラスのカブラスは「雌ヤギ」らしいですが、
「若い女性」の意味もあるみたいですね。
そういう意味ではほんと若さあふれる味にぴったりの名前かもしれないなあなどと。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1860-df75bac3

| メイン |