今が超食べごろ!
2016/04/28(Thu)

出勤前に櫛田神社によると・・・・・

サクランボが超食べごろ!
雨に濡れておいしそうさ200%アップ!!!!!

20160428sakuranbo1.jpg

心の中でだらだら唾液を流しながら近づいてみてみると

「サクランボ」は、子供だけ
五ヶまでとっていいよ!


20160428sakuranbo2.jpg

おじさんは暦の上での年齢は中年だけど
精神年齢は小学生以下なので食べて良いかなあ。。。
しかも未婚なので実際にも「親ではなく子供」でしかないから。・゚・(つД`)・゚・。
さすがに冗談ですよいくら私が意地汚くておこちゃまでも
これを取って食べたりすることはありませんので・・・・

まあでもほんとでも濃さと深みを増した緑の葉の中で
存在感ありまくりの艶やかな赤の実を自分の手で取ってみるだけでも
子どもにとっては楽しい体験だと思いますし、
すぐ横に手水舎があるのでそこで洗ってすぐ食べられるので
お子さんいる方はなくならないうちにぜひぜひ。

しかし、結構木の背が高いので、子どもの体じゃ手の届かない
ところになっているサクランボも結構あったなあ・・・
そういうの目ざといカラスが食べてしまうのであれば、
大人の私が食べてもいいじゃんかねえ~~~~~~
なんて未練たらしいことを書いておりますが、
家族連れなら親が取ってあげて子どもに食べさせてあげるわけですな。

「そういう視点がないから結婚できなかったんだよ!」
というつっこみが聞こえてきますが、そこでふと思ったこと。

「手の届く低い場所のサクランボがすべてとられていて、
上のほうになっているものを物欲しげにみている子どもがいたらどうするか?」


20160428sakuranbo3.jpg

たぶん、ほとんどの人が「声かけて取ってやれよ。」と思うのでしょうが、
どうせならもっと嫌味な存在になってみたいもんだなあと。

ひょいと上の方のを取って食べてみて「いや~おいしいね~」とかいって
子どもに食べたさや取れない悔しさを十分体験させてから、
「おっちゃんとってよ!」と子どもが言っても、
「天才チンパンジーのアイちゃんとかアユム君とかって、
自分で檻の鍵あけて出られたらしいよ~」なんて意味不明なこと言って、
取ってあげずに「取って食べたらおいしいよ~」とかいいながらにやにや笑ってやりたい(笑)

で、ちらちらと休憩所の方を見るのを繰り返して、
椅子持ってきてそれに上って取る、なんてことを気づけるようにしてみたいなあと。

まあ、実際に子育てしている人からは「そんな余裕あるかボケ!」
と総つっこみをくらうでしょうが。

今手元に博多カレンダーがなくて記憶で書いているので嘘かもしれませんが、
記憶では明日29日は松囃子の花鉾に御神入をする日だった気がします。

私は明日は朝から出勤なのでその様子がみられなくて残念ですが、
それを見に行かれる方はついでにサクランボもみて、
私のようないけずをせずに子どもにとってあげていただけたらと。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1859-6365497e

| メイン |