2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
「モフモフ麺」の底力
2016/03/22(Tue)

マルちゃん世界のグル麺 ボルシチ風ヌードルをいただきました。

20160322mofmofmen1.jpg

とはいえども「ボルシチ」自体を食べたことがないんですけどね。
ボルシチとピロシキあたりは食べたことあるような気がしますが、
「ロシア料理店」で食べた記憶がないので正確な記憶がありません。
まだ冬の名残のあるこの時期に体験したほうがいいのかなロシア料理店。

閑話休題

で、ボルシチ風ヌードルのお味ですが、
スープ自体は「チリトマトヌードルから辛味を抜いた感じ」とか、
ビーフシチューやらビーフストロガノフやらハッシュドビーフやらの
「あの系統のルー」をラーメンスープ風味にした感じだと思います。

20160322mofmofmen2.jpg

で、今回思ったのが、私が勝手に「モフモフ麺」と呼んでいる
日清のカップヌードルを代表とする「スープ一体型のカップ麺の麺」は
どんなスープにも合うなあ、ということでした。

20160322mofmofmen3.jpg

今はやりのつるつるした生タイプ麺だと、
カレーヌードル系のドロドロ系スープに合わない気がするし、
フライ麺でもスープやかやくが別添えのタイプだと、
あっさり系のスープを壊さずスープと麺を独立して楽しむ分にはいいですが、
なんかスープと麺が最後まで分離したままで一体感に欠ける気がします。

その分、この手のモフモフ麺は麺自体にスープの味が
こびりつきまくっているわけですので当然スープとの親和性が高く、
けれどもスープにあるわけのない「モフモフ食感」を加えてくれるので、
なんというか「ハフハフかき込んじゃう」勢いを
どんな味や粘度のスープであっても与えてくれるのがいい感じかなと。
スープやかやくを分けることで高級感も出るし味の独立性も出せはしますが
やはりこの手の「一体感」を可能にするモフモフ麺はなくさないでほしいなあと。

まあ、そういう意味ではとろみ系をモフモフ麺で食べると
やけどしちゃいそうになるのが難点ではありますが(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1822-98837324

| メイン |