めぐる新旧
2016/02/12(Fri)

昨日の春節に誘われたのか、今日は春を想わせるどころか
春の像そのものが公開稽古をしたかのようなあたたかさでしたね。
20160212otakiage1.jpg

出勤前に櫛田神社によって本殿の近くにいくと、
このあたたかさに誘われたのか桜の花びらがちらほらと舞っていて・・・・・
いやいくらなんでもそれは早すぎるかと思ってよく見たら
清道でお焚き上げされたものの灰が本殿近くに舞い降りていたものでした。
20160212otakiage2.jpg

その後境内の外に出ようと思って、お多福の飾りが片付いているのに気づきました。
確か昨夜はまだあったので、今日の午前に片付けられたのだろうなあと。
20160212otakiage3.jpg

そういう意味では、新暦の正月からずっと続いていたイベントが、
旧暦の正月を迎えたことでやっとひと段落ついたという感じなのかなあと。

最近、こうして神社関係のイベントに良くふれるようになって
「季節を無視した新暦よりも、季節に即した旧暦に戻せばいいのにねえ」
なんて思ったりするようにもなりましたが、
ある意味だいたい1ヶ月半ずれて旧暦の面影をたどることで、
早く来すぎた季節、遅く来すぎた季節どちらにも
それにあう暦にそくして受け入れることが出来るのかなあ~などとも。

まあ、私の場合「え?締め切りって新暦だったの!旧暦だと思ってた!」
とかいう言い訳に使って余計に相手を切れさせるだけなんでしょうが・・・

ああああの書類もこの書類もお焚き上げして~~~~~~。・゚・(つД`)・゚・。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1783-50ab9566

| メイン |