建国記念日の白菜
2016/02/11(Thu)

櫛田神社で建国記念日の祭典のポスターが貼ってあったので、
出勤前に覗いてみることに。
はじまるまでに境内を散歩してたら川端通り商店街側の
河津桜がそこそこ花開いていて春を感じました。

20160211kenkokusakura.jpg

で、ちょっと出勤の予定が狂ったので、
準備しなおして戻ってみるとすでに祭典は始まっていました。

他の行事などとは違って、この祭典は氏子の人専用といった感じで、
祭典の前に結婚式があった時には、参拝者も「なんか行事してる??」
てな感じで興味を示していたのですが、建国記念の祭典のときは
本殿で行事をしていることに気づかない参拝者の方が多い感じで、
がらがら元気に巨体をゆする鈴の音に祭典の音は掻き消えたのですが、
それが返って祭典の静粛さを高めてくれる感じでよかったなあとも。
20160211kenkoku2.jpg

見所は3人の神職の方々が3柱に同時に参拝(?)されるところかと。

で、歴史おばかな私は「なぜ今日が建国記念日なのか?」を全然知らなかったので
調べてみると、今日が旧暦の1月1日にあたるからなんですね。
「この時期は中国の旧正月である春節にあたるから~」という説明を
ニュース等でよく耳にしていたので、日本の旧正月は
中国の旧正月と別の日だと思っていたのですが一緒なんですかね?

でも、先日の節分等も「節分は旧暦で大晦日にあたる」という
説明を受けた気もするので、また不思議に思って調べると
新暦と旧暦以外にも太陽暦と太陰暦の関係があるみたいで、
「節分=立春の前日=新年の前日=大晦日」ではあるけれど、
「1月1日は立春に一番近い新月」で月によって定義されるから
立春と1月1日が一緒になることはほとんどなかったようですね。

まあでもこんなわけわからないことはおいておいて、立春でも旧正月でも
それにちなんだおいしいもの食べられたらそれでいいですよねえ~

20160211kenkoku1.jpg

宮司さんによる祝詞奏上がなされているのを見学していた小さい女の子が
とても心地よい発音で言った言葉は「白菜!」だったしで(笑)。
なんかでもほんと小さな子でもわかるくらい葉振りがよい立派な白菜でした。

20160211kenkokuhakusai.jpg
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1782-27fb1aef

| メイン |