ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

2016.02.08 Mon » 麺の固さ指定のナイスアイディア

上野で昼ごろに終わる予定の用件が終わったのが16時前。
新店を開拓する余裕はなかったので、駅に近くて
「替玉2玉まで無料で550円!」の博多ラーメンのお店に。

20160208hakatafuryumise.jpg
博多風流 上野店 住所:東京都台東区上野6-14-9 (MAP)
営業:11:00~27:00(日曜日は20:00まで) 年中無休 

20160208hakatafuryuramen.jpg

味の感想自体は前回細かく書いたので今回は書きませんが、
替玉をして「これは福岡でもないのでは???」と思ったことがありました。

最近、替玉の固さ指定をいろいろ変化させて注文するのに凝っているのですが、
こちらのお店、「替玉の固さによって皿の色が違う」のです。

店員さんが、隣のテーブルのどんぶりを下げるときに
私の替玉の皿もさげてしまったので証拠写真を取れませんでしたが、
「普通…白 カタ…黄色 バリカタ…赤」と固さを増すごとに赤みがまし、
逆にやわらかくなると青くなるのか?と思いきや、さすがに飲食店で
食欲の減る青は使えないので「やわ…黒」となっておりました。

20160208hakatafuryudishes.jpg
(店の写真をよく見たら小さく写っていたので
わかりにくいですがあげてみました)

これ、意外と良いアイディアだよなあと。
湯ではじめるときに皿を置けば「どの固さの替玉が注文されているか」
というのが視覚的に一挙に把握することが出来るし、
替玉を運ぶ店員さんも「これはどの固さの替玉」というのがわかりやすいしで。

これまで、「膳の替玉のお皿がきどりっこ」というのに気づいてはいましたが、
「麺の固さで皿の色が変わっているか」ということを気にしたことはなかったので
福岡のラーメン店で替玉の固さで色を変えているところがあった記憶がありません。

上に挙げたメリットより「片付けや整理が大変」というデメリットの方が
多そうなので後に続くお店は少なそうですが、回転寿司を食べるときの
「皿の違い自体も楽しめる感」があるのも確かなので、
どこか他のお店も導入してくれたら面白いのになあと。

ま、でもこのあたりはそういう視点で探せば福岡にも一杯あるかもなあと。

ちなみに麺の固さ指定での食感の違い自体は
「かなりの細麺だがどの固さでも結構“噛みごたえ”としてのコシは強め」
「バリカタにすると柔軟性が失われるのか麺同士が少し
喧嘩するようにひとつにまとまらなくなる感じがするが
元祖のような“ばっさり”“ざくざく”的な歯切れの良い粉感は増えない」
「ヤワにしてもぐずつかずにコシはあるけど、
それは噛み切りやすさが増えるわけではないことも意味していて
どちらかというと湯で時間で食感が変わりにくいタイプの麺のように思える」
というのが感想でした。

まあでも今後も私の東京出張時のベースは上野になるので
継続的に訪問して季節等による変化も妄想してみたいなあと。


関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1779-de469e19

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif