昼だから気づいた博多駅イルミの舞台裏
2015/12/20(Sun)

夜にはかならずみとれてしまうイルミネーションも
昼にはきずかずみおとしてしまうのは仕方のないことで、
通勤時にあまりじっくりイルミをみたことはありませんでした。

んで、今日博多駅に行ってふと気づいたのがこちら。
20151220wishbouquet1.jpg

WISH BOUQUET?

みんなの願いが輝くピース
大切な誰かへのメッセージや
あなたの願いを書き込んで
WISH BOUQUETを
完成させよう


願いの花束…なんだかいいなあ…と思ってみてみると
小さな透明のアクリルかなんかの板に願いを書いて
ここに飾ることが出来るのですね…
20151220wishbouquet2.jpg

この2枚を組み合わせると絶対
「縁」を「緑」ってよんじゃうよね…なんて思いつつ
これは夜には気づけず、昼だからこそ気づけたなあ…
と思いながら再び説明を読み進めていくと…
20151220wishbouquet3.jpg

有料なのか…ていうか500円か…って思った人が多かったみたいで、
あまり願いのピースは飾られておりませんでした。

まあでもあまり願いが飾られていない理由は値段以外にも
「駅前の人がいっぱい通るところに自分の願いは書きにくい」
というのがあるのかな…とも。
神社等の絵馬は人に見せるためではなく神様に見ていただくために
書いてつるすものであって、境内に吊るせるからこそお金を払うのであって、
こうして人がたくさん集まるところに自分の願いを書きにくいよなあ…
だから数が少ないのもあるかもな…

と思ったのですが、もいっかい良く考えると
七夕の短冊にはざくざく欲望を書けるよなあと。

やっぱ500円は高いからという理由だけなのかなあ…
ただで配布したらみんな喜んで描くのかなあ???
このあたり期間終わりに近づくにつれて値段下げていって
描く人が増えるかの社会実験してくれたらなあ~などと。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1729-bda5dc42

| メイン |