けっこうはまる 熊本の亀せん
2015/12/13(Sun)
祇園の旧グルメシティに、そんなに有名ってわけでもないし、
高級ってわけでもないけどご当地を感じさせるおやつが
まとめられているコーナーが出来ていて、
その中で面白そうだと思って買ったのが亀せん。
20151213kamesenfront.jpg

熊本の味屋製菓合資会社(熊本市南区合志1丁目3番7号)製造で
見た感じでは歌舞伎揚げ風だと思って買ってみました。
20151213kamesenback.jpg

で、食べてみての感想「歌舞伎揚げとはぜんぜん違う」
20151213kamesenup.jpg

食感自体は歌舞伎揚げと似ているのですがそこまで油感はなく、
またぜんぜん違うのがしゃくしゃく食感の間から
醤油味と一緒に染み出てくるうまみで、
歌舞伎揚げがだしの味だとしたら、亀せんは香ばしい砂糖の味で
しゃっくりした元気さの中にほんわかやさしい甘みがふくらむので
ある意味それだけでは飽きてしまいがちな「やさしい甘さ」を
飽きさせずにずっとやさしく感じさせてくれる効果があるのかなと。

今調べてみたら熊本出身の森高千里さんがお好きだったみたいですね。

お値段も税込みで131円とお安く手に入るので見かけたらぜひ。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べ物(福岡以外) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1722-07622175

| メイン |