ちいさい秋みつけた
2015/11/16(Mon)
毎年毎年、「紅葉を楽しむ前に散ってしまった…」
と言っているような気がしたので、今年は街中で紅葉をみかけたら、
「それほどでも…」と思ってもなるべく写真撮るようにしました。
(場所は博多区役所の近くの公園です)

20151116aki1.jpg

まあ日本人のほとんどがこんな「ちいさい秋」をみつけることに
こだわりを持っているはずですし、と書こうとして、
『ちいさい秋みつけた』の製作年はいつなんだろうと調べると
1955年なんですね(Wikipedia該当ページ)意外とあたらしい。
もっと古くからの曲かと思ったのですが…
まあでもNHKの「みんなのうた」で1999年まで
なんども再放送されていたようなので、
20代以降の人にはきっとなじみのある曲だろうなあと。

んでも最終放送が1999年ということは、
今の中学生以下だとこの曲を知らない子も多いのかなあ…
「ゆとり世代」ならぬ「ハロウィンとかの
でっかい秋しか感じられない世代」になっていくのかなあ…
20151116aki2.jpg

イルミの中のちっちゃい玉に映るちっちゃいイルミ全景とかを
いとおしむような感性を育てくれるのに最適な歌と思いますがこの歌は。
20151116aki3.jpg

まあでも自分の中に積み重なる木の葉のような
小さな秋にもちゃんと自覚的にならないとなあと。
いろんな意味で難しい問題ではありますが。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1693-ff7fd53f

| メイン |