七つの味を結ぶラーメン ~七福亭~
2015/11/11(Wed)
城南区のお仕事の日。

人気店よってにお店の横の2台分の駐車場が埋まっていることが多くて
コインパーキング代のサポートもあると小耳に挟んでいても
自信がなくて涙をのんで通り過ぎていた七福亭さんの駐車場が空いている!
ということで喜び勇んで入店です。

shichifukuteikanbaneast.jpg
(外装の写真撮り忘れたので写真は以前の写真です)
住所:福岡市城南区南片江2丁目30-24 (MAP) 
営業:11:30~22:00(木曜は21:00マデ) 定休:月曜日

んが!人気店の駐車場が空いているのには訳がある…ということで、
私が店についたのは15:05くらいだったのですが、
ランチタイムは15時までだったので空いていたのかなあと。

なのでラーメンに替え玉o白ご飯ついて530円という
お得なセットを逃したのは残念…でもおじさんきにしないぞ~♪
と残念さを気づかれないように快活な笑顔で入店したつもりだったのですが、
やはり内面を支配する貧乏性が表情に出るのが抑えられなかった模様です(笑)。

哀れな中年男のカラ元気に気づかれた店長さんが
気を遣っていただいて「ランチ価格で良いですよ」とうれしいお言葉!
20151111shichifukuteiningyo.jpg
「いえいえ時間過ぎてますし。」などと落ち着いて言えるような
年相応の恥じらいなんてものの存在がない私ですので、
喜び勇んでラーメンと替え玉をランチ価格で注文です。

車を降りた瞬間に換気扇からわんわんあふれてくる豚骨臭なのに、
何故か店内では豚骨臭はしないのは不思議だなあ~
歴史重ねた店舗の内装が持つ落ち着いた艶やかな暗さの中を
静かに音もなくけれどもゆるやかにふんわりと湯気が舞い、
その下で湯気よりもっとのびやかにたっぷりとめんが舞うのを
スイとまっすぐ端麗にもった菜箸で操る店主もいなせだね~
なんて思っていたらラーメン登場です。
20151111shichifukuteiramen.jpg

まずはスープを一口。
毎度思うのですが、最初の一口を飲んでの感想は、
「あり?いつもよりも今日は薄め???」というもので、
塩味が前に出てくる感じの脂はあるけどあっさりタイプに思えます。

で、そうした気分で「あり???じゃあ物足りないからネギと合わせて…」
てな感じでネギと一緒に飲んでみると、
「ネギの香味を殺さずに、ネギの味を前面にPUSHしつつも
その下支えとしてしっかりしたスープの味がある」感じになるのかなあと。

なんというか、「よくあるうまいスープ」って、
その単品だけでうまくて、他のトッピングなどを飲み込んで
「そのスープの味に同化させて内包させる」ものが多いよなあと。

けれども七福亭さんのスープは、ネギだけと合うわけではなくて、
きくらげのプリコリ食感にはつるんとしたふんわり感を加えてくれるし、
とろりこぼれるチャーシューの脂身には丸くまとまるスープの油を添えてくれるし、
小麦の味のなめらかな白さには醤油系の褐色を染めてくれるし、
荒々しい辛子高菜を口の中で駆け巡らせつつも暴走はさせずつつんでくれるしで
スープ自体の味自体は最初から最後まで変化せずに安定しているけど
いろんな味の個性それぞれを引き出し活かしてくれる
どんな味でもどっかと引き受けてくれる土台のような良さがあるのかなあと。
20151111shichifukuteitakana.jpg

ある意味、「よくあるうまいスープ」が信仰か侵攻か的な一神教的だとすると、
七福亭さんのスープはその名の通り、いろんな宗教の神さまを取り入れて
7柱の神さまで一つの福神としてまとまるような良さがあるのかなあ~
なんてちょっと強引にまとめすぎた気もしますが素直にそう思います。
20151111shichifukujin.jpg

しかも店内には私の愛する鯛の置物も飾られているので、
これを飾られるお店は良い店に違いないタイ!
とうれしい気分でお店をあとにすることが出来ました。
20151111shichifukuteitai.jpg

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1688-7096a053

| メイン |