ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

2015.08.13 Thu » [追記あり]なんとか手に入れタイ!

帰省のため博多駅へ。

流通および情報の発展しきった現代において
「貧乏性でも値段と値打ちに納得のいくお土産」を探すのは本当に至難の業で、
帰省用の大きな荷物もって博多駅をあちこち探すのでしんどいなあと。

んでも、そのおかげというかで、
すごく好みの置物に遭遇できました。
20150813tai1.jpg

この鯛の置物、お店でよくみかけるのですが、
写真に収めることができていなかったのですよね。

自分のオリジナリティとして「~~好き」を謳うのは、
野球の球団しかり音楽などのアーティストしかりで意味あることですが
私の場合「鯛がすき」というのを自分のオリジナリティにしているので
ぜひともこの置物をゲットして職場に飾りたいのですが…どこにあるんだろう。

記憶では、「十日恵比須神社」の2000円のくじであたればもらえる、
というものだったような気がするのですが、
それはなかなかハードルが高いので、それ以外の入手法があればなあ…と。

どなたかごぞんじのかたいらっしゃらないでしょうか…。
20150813tai2.jpg

さて実家に帰省して晩御飯が早いので本日はこの辺で。
おやすみなさい。

***********追記あり************
その後、いつも貴重な情報をくださるユニオンさんより
似たキャラである「JAちょきんぎょ」の情報いただいたりしたので、
『十日恵比須神社さんのは年に1度の、
しかもくじ引きでないとゲットできないので困難…
ならば似たものでいいので入手できたらなあ…』
と思って「鯛の置物」で画像検索してみると…

【Grimoire _(:3」∠)_ DIARY】さんの「宗像神社・七五三祭編」で
おなじ形状の鯛の置物をゲットされているのを確認。
http://grimoier.blog39.fc2.com/blog-entry-1336.html

そのほか、三重県鳥羽市の海の博物館さんで過去に開かれた
特別展『目出鯛21~見タイ・知りタイ・あやかりタイ』でも、
同じ宗像神社の鯛の置物が出展されていました。
http://www.umihaku.com/past_event/tai/medetai.html

やはり、海の神社といえば宗像神社のほうが格上だろうから、
宗像神社に行けば年に一度といわずにこの鯛の置物にであえるのかも…
などと思い始めたので、また近いうちに宗像神社に行ってみタイと思います。

ただ、もう少し調べると、TimeOutTokyoさんで紹介されていた
http://www.timeout.jp/ja/tokyo/feature/8371
武蔵新田 新田神社『福を釣り鯛』のおみくじなども
形やうろこなどの描かれ方が似ているので、
全国探せばいろんなところで出会えるのかもなあなどとも。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
http://www.jabank.org/character/tooldownload/
以前JAがちょきんぎょと言う同じ色合いのキャラクター使ってました。
取りあえずスクリーンセイバーをどうぞ。
Re: タイトルなし
いつも貴重な情報ありがとうございます。

ちょきんぎょはなんだか懐かしいですね。
昔缶ケースを持っていた気がしますが、
最近はJAさんに縁がないのでちょきんぎょにも縁がなく…。

ユニオンさんのコメントをきっかけにいろいろ調べてみると
いろんな発見があったのでブログに追加して書いてみました。
よそのブログなので写真をそのまま貼ることができず残念ですが
結構面白い発見できたよう泣きがするので目を通していただけたらと。
鯛車
お久しぶりです。先日の六本松キャンパス回顧記事とても懐かったです(^^)
郷土には似て非なる鯛車なるものがあります。
http://www.asahi-net.or.jp/~SA9S-HND/agal-980-40.html
Re: 鯛車
コメントありがとうございます。
それなのに先日はかなり酔った状況で返信してしまい、
要領を得ない返信になっていたことお詫びします。
反省してコメント書き直しましたので再度目を通していただけたらと。

最近も六本松キャンパスの近くを通ることがあるのですが、
あまりのさま変わりの様に「校舎が残っているうちに見に行けてよかった」
と毎度思っていたところでした。
内容に乏しい本ブログですが、変わり行くものをブログに残すことで、
後の人たちに懐かしんでもらえるものをいっぱいかけたらなあと。

> 郷土には似て非なる鯛車なるものがあります。
> http://www.asahi-net.or.jp/~SA9S-HND/agal-980-40.html
私の場合、「鯛ぐるま」と聞くと実家近くの和食屋さんをイメージするのですが、
その由来となっているものがあることを発見できて感謝しております。
鯛車で画像検索してみると、なかなか趣きある行事の写真も一杯出てきたので、
この件についてはまた鹿児島に帰省したときにいろいろ調べてみタイなと
思っていますので、また今後とも目を通していただけるとありがたいです。
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1598-93b9696c

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif